本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2006年09月09日

ストロベリーショート-素樹文生

「ストロベリーショート」 素樹文生

ストロベリーショートどうもこんにちは。復活第二弾は大好きな基樹文生の小説「ストロベリーショート」です。といっても、sonatineさんのところで紹介されていて読んでみようと思ったんですけどね。これも前回の「人のセックスを笑うな」と同じころに読んだので内容があいまいなところもあるけれど、「人の〜」よりかは断然こっちの方が内容が思い出せるのはなぜなのだろうか・・・。

帯に"いちご風味の星新一"ってあるんですけど、これじゃああまりにも素樹文生がかわいそう。星新一を期待した読者にも素樹文生を期待した読者にも失礼だし。まったくどうしてこういう帯を書く奴が多いのだろうか。まぁ星新一の名前が書いてあるぐらいだからショートショートってのは理解できるのだけれどね。

というわけでショートショートの作品集です。ロボットのうららちゃんや主婦の鳥脇つた子やまだまだ若いおじいちゃんのともぞうさんなんて素敵な登場人物がおもしろいおかしい場面をつくりだしてそれを素樹さんがしっかりとうまく切り取ってくれています。こういう作品集大好きだなぁ。

一番好きだったのは鳥脇つた子シリーズ。これ絶対締め切り前の素樹文生本人の気持ちを書きたかったんだろうななんて思ったりしてね。

素樹文生は「上海の西、デリーの東」以降全然作品を出さなくてどうしてるんだろうなって心配になっていたのだけれど、ここ最近様々な形態の(旅行記から長編小説、ショートショートまで)作品を発表していてとってもうれしいです。こういう作家さんが一人でも増えるとうれしいのだけれどね。

今日はここまで!(^-^)/~ またねっ

posted by kbb at 13:30 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(1) | 小説・エッセイ マ行

2006年09月03日

人のセックスを笑うな-山崎ナオコーラ

「人のセックスを笑うな」 山崎ナオコーラ

人のセックスを笑うなみなさんこんにちは〜。久々の更新にちょっと手間取っています。だって書き方を忘れちゃったんだもん!

時間って残酷だなぁ、なんて思うとともに、人間の記憶力なんてあやふやなものだなぁなんて実感しています。文章も全然書いていないとリハビリが必要なんですね。まず書き出しが思い付かないのが悲しくてしょうがないですね。

さてさて、そんな人間の記憶力に挑戦するかのように「人のセックスを笑うな」の感想を書いてみます。tsukikoさんのところで読んでみまーす、なんて言って読んだのはいいのだけれど、すっかりここを更新しなかったのだものね。ひどいやつだね、おれってば。

さて感想なんですけど、もう二ヶ月ぐらい前に読んだので内容が頭の中にほとんど残っていないのです。刺激的なタイトルと中身がぜんぜんあってないなぁなんて思いましたけどね。まぁ文芸賞受賞作だけあって、一、二時間もあれば読み終わっちゃうってのだけはよく覚えています。

19歳の時に39歳の人ってどんな風にうつっていたっけなぁなんて思いながら読んでいたのだけれど、自分も20やそこらのときに10いくつ上の人とちろっと近しくなったことがあって、あのときはなんだか新鮮な驚きとともに、いくつになっても変わらないんだなぁなんて思っていたような気がするな。(それにしても「近しい」だなんて日本語って便利ですね〜)

タイトルの「人のセックスを笑うな」ですけど、最近じゃ雑誌やテレビ、ビデオなんかで性情報が氾濫しすぎて誰のも画一的なものになっちゃってるんじゃないかしらね。まぁ女の子の反応は様々なものがあるなぁなんて思ったりするときもありますけどね。それにしても、そんな雑誌やビデオなんかの情報が全然なかった祖父母の時代にもちゃんと子どもはつくっているわけで、セックスなんて結局生物としての本来的な欲望なんだろうな、なんて思いますけどね。

なんだかとっても支離滅裂な文章ですね。何がいいたいんだい?と訊かれてしまうかもしれないですね。ごめんなさいと最初に謝っておきますね。リハビリ、リハビリと自分に言い聞かせておきます。

ではでは、今日はここまで!(^-^)/~ またねっ


posted by kbb at 13:37 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(2) | 小説・エッセイ ヤ行

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。