本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年07月19日

DIVE!!4 コンクリート・ドラゴン-森絵都

「DIVE!!4 コンクリート・ドラゴン」 森絵都

DIVE!!4こんばんは。

とうとう「DIVE!!」も終わってしまいます。漢字に全部ふりがなが振ってあって読みにくかったり、途中で突然著者の声が入ったりして視点変更についていけないところも有りましたが、なんとか読み終えることができました。っていっても、なんとかっていうよりはむさぼり読んだって言う方が正しいですけどね。小学生のころにこんな作品に出会っていればよかった。でも、エロ本の描写や、女性コーチの水着姿を見て、形のいいお尻、なんて描写がでてくるからPTAあたりから有害図書に指定されてしまいそうですけどね。

この作品、まだ見ていないのですけど、映画にもなっているそうですね。シドニーオリンピックが目指す舞台でしたけど、映画では北京オリンピックってなってるのかもしれないですね。最後の方をちょこちょこっと変えるだけでいいから楽ですよね。これって言い換えれば、日本のダイビングという競技をとりまく環境がまったく変わっていないってことなんでしょうけどね。

この作品を読んで、ダイビング選手なんかがでてきたら森絵都も大喜びでしょうね。
今度は「ラン」という陸上物を書いているようで、作者としてこういう青春一直線物を書き上げるカタルシスのようなものを感じてしまったのかも知れないですね。

先日本屋さんに行ったら「DIVE!!」が一冊になった単行本が発売されていました。作者によるアイデアノートなんかも付録としてついていたので、思わず買いそうになってしまいました。講談社さんったら商売上手なんだから、もぅ。でもさすがに四冊が一冊にまとまっているので、分厚くて電車の中ではよめそうにないと思いましたけどね。作者の気に入らないところを大幅に書き直した、なんて書いてあったので、視点移動のまずさなんかは直っているのかもしれないですね。

重くて持ち歩けないってそんな人には文庫本「DIVE!! 上下」ですね。ってこの作品、よく考えたら関連商品がいっぱいなんですね。それだけ売れているってことなんでしょうけどね。

まぁでも世の中にこれだけ出回れば少しはダイビングも注目されるかもしれないですね。今度のオリンピックではダイビングに注目ですね。マイナー競技も結構おもしろいものですよ。ライフルなんて静かで、実況の人も解説の人もたんたんとしゃべっているところへ、銃声がタンッってなるだけですものね。

まわりがセミの声で騒がしい夏ぐらいそうやって過ごすのもいいですよね。



DIVE!!上 DIVE!!下

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 03:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 森絵都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/103163455
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。