本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年07月20日

ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺-田中啓文

「ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺」 田中啓文

ハナシがちがう!こんにちは。

世の中おかしなことばっかり起こるようで、禁煙を奨めるためのタバコ税の増税が、ただの税収アップが目的だったってことをこのあいだニュースで読みました。一箱千円にしてしまうと、禁煙する人が増えて税収も下がってしまうため、試算によって禁煙する人がいても税収もあがることがわかっている一箱五百円にしようということでした。へそで茶がわかせるほどおもしろい話ですけど、他人事ではないので笑ってばかりもいられませんね。いっそのこと法律でタバコなんて禁止しちゃえばいいのにね。そんなことしたら税収が下がるから無理なんでしょうけどね。

さて、今日の作品は他人事なのでおもいっきり笑える落語がテーマのものです。「ハナシがちがう!」です。田中啓文の作品は「蹴りたい田中」なんていう芥川賞作品をもじったタイトルだけど中身は全然ちがうっていう本しか読んだことなかったのですけど、ちゃんとまじめにおもしろうい作品も書けるんですね。

落語家の弟子になった金髪トサカ頭の不良少年・竜二の物語です。様々な問題が起こるんですけど、それを一つずつ解決する竜二。だけど先輩をたてなきゃいけない落語の世界というわけで、名探偵コナンのように師匠に代わりに話させます。

この作品いっぱしのミステリーのようにも読めるし、竜二がどんどん落語を覚えて成長していく物語としても楽しめます。そしてモチーフになった落語もそれぞれおもしろい、とくれば読まなきゃ損々って感じです。

連作短篇それぞれのタイトルにもなっている"たちきり線香"、"らくだ"、"時うどん"、"平林"、"住吉駕籠"、"子は鎹(かすがい)"、"千両みかん"。残念ながら時うどんに近い時そばぐらいの知識しかなかったのですけど、上方落語ってとっても魅力的なお話があるんですね。泣かせる物、笑わせてくれる物、考えさせてくれる物。

一度落語なんて聞きに行きたいって思って新宿の演芸場の入り口を覗いたりしているんですけど、あの暖簾をくぐるのに勇気がいりますよね。ってことでまだ一度もいったことがありません。異次元への入り口だってのはよくわかるんですけどね。もしかして、あの暖簾の奥ではタバコが一箱百円なんて世界だったとしたら勇気を体中から集めてでも入っていくんですけどね。ってやっぱり最後は自分のコトになっちゃいますね。今の内にタバコを買い占めておきましょう。

うーん。やっぱり落語のようにうまくオチをつけるのは難しいですね。もっと勉強しないとだめですねぇ。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 11:31 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | 小説・エッセイ タ行
この記事へのコメント
この作家さんは、大阪生まれ、上方落語の愛好家のようですね。
落語に対する愛が感じられる本でした。
末廣亭、機会があれば暖簾をくぐってみてください。昨今、落語ブームだとかで、けっこう若いカップルや女性1人客などもいて、年寄ばかりでもないのだな、と思いました。
Posted by homamiya at 2008年09月25日 02:09
おはようございます。

落語に対する愛。
感じられましたねぇ。この人大好きなんだなぁって感じでしたね。

末廣亭、行ってこようと思います。なんだか楽しくなってきました。自分が一番の年寄りになっちゃう前にいかないとね。
Posted by kbb at 2008年09月27日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/103231052

★★★☆☆ ハナシがちがう!―笑酔亭梅寿謎解噺-----田中啓文
Excerpt: ●金髪トサカ頭の不良少年・竜二は、高校の先生に連れられ、上方落語の名人に弟子入りさせられる。この師匠が、借金持ち、大酒飲み、すぐに...
Weblog: 日々の読書
Tracked: 2008-09-25 02:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。