本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年07月27日

あした天気にしておくれ-岡嶋二人

「あした天気にしておくれ」 岡嶋二人

あした天気にしておくれこんばんは。先ほどの更新はコミックということで、番外編でした。というわけで、岡嶋二人の作品です。西岸良平のミステリーもいいのですが、やはりミステリーといえばよく練った作品をつくる岡嶋二人ですね。

この作品は江戸川乱歩賞で最終候補作に残った岡嶋二人の処女作だったようです。といってもこの時は落選してしまって、翌年に「焦茶色のパステル」で乱歩賞をとることになったようです。

この時落選した理由が、使われているトリックが他の作品でも使われているから、というもの。といってもこのトリック、当時の人なら誰でも思いつきそうなもので、事実僕も作品を読みながらこうするんだろうなぁって思いながらページを繰っていましたもの。でも大切なのは、このページを繰ってしまうところだと思うんですよね。どんなにトリックがわかってしまったとしても、ページを繰る手を止めることができなかった。これが岡嶋二人の魅力といえますね。そしてこの作品の一番の魅力は誰も死なないこと。人が死なないミステリーってそれだけで魅力的に思えてしまうのは僕だけでしょうかね。

さてあらすじはといえば、三億二千万の子馬を予後不良の骨折にしてしまい、その事故を起こした人は苦肉の策でその馬が誘拐されたことにしようとする、というもの。というのもこの馬、共同オーナーという形で四人で八千万ずつ出し合って買ったもの。他のオーナーの負担分二億四千万を出さなくてすむように誘拐をでっち上げてしまう。

ところがこの誘拐をどこかでかぎつけた別の人物が、その身代金を奪ってやろうと計画する。この身代金の奪う方法というのがこの作品の大きなトリックとなっています。

競馬に詳しい人ならこのお金を奪う方法、簡単にわかると思います。損して得とれとはよく言ったものでローリスクハイリターンを目指すならこれって感じですね。でも今ならそこら中に監視カメラがあったり、当時と今では馬券のシステムが変わってしまっているので、このトリックは使えないでしょうけどね。

やっぱり岡嶋二人作品は安心して読めますね。何の心配もせずに読める作家さんってなかなかいないので、この人の作品を読むと安心します。なんてこと言ってるから新しい作家さんとの出会いがなかなかないんでしょうけどね。最近、川上弘美と江國香織と岡嶋二人と絲山秋子の作品を行ったり来たりしている気がしてしょうがないです。まぁ積ん読の本棚にもこの四人の作家の作品がいっぱい並んでいるからしょうがないんでしょうけどね。他の方の本ブログを参考に新しい作家さん探しでもしてきますかね。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 23:44 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 岡嶋二人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/103714831
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。