本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年08月22日

男のための自分探し-伊藤健太郎

「男のための自分探し」 伊藤健太郎

男のための自分探しこんばんは。

昨日は日本のソフトボールが金メダルをとりましたね。表彰式の中継まで見ていましたけど、悔し涙あり、すがすがしい笑顔あり、やりきった笑顔あり、胸をはってメダルを受け取る選手あり。涙が出てきてしまって困ってしまいました。それに引き替え、野球はどうしちゃったんでしょうかね。最後の野球競技だから絶対金メダルをとると周りも盛り上げてきたせいか、日本は余裕で金メダルをとるんじゃないかって思って見ているからかもしれないですけど、点が取れないという不甲斐なさが目についてしまいますね。もちろん選手たちはがんばっているのでしょうけどね。

それにしても、今回のオリンピックは女性選手の方が活躍、注目されている気がしてしょうがないですね。バレーも女子の方が強いですし、ソフトボールも金メダルとりましたしね。男はもっとがんばらないといけないですね。ただでさえ男性よりも女性の方が生物として強いんですからね。

さて、そんな男たちに捧げる、男の生き方が書かれた作品「男のための自分探し」です。著者は東大で哲学を専攻した人。タイトルから想像していたのはくだらない生き方指南本かなって思ったのですけど、哲学的見地から男の生き方を描いた、むしろ男に限らず女性にも読んで欲しい、そんな本になっています。

内容はといえば、すっごい勉強している人が書いているなぁって感じです。まぁ哲学といわずどの学問もそうですけど、特に哲学は哲学学者がいっぱいいるほど、過去の難解な思考や思想の軌跡を追わないとスタートラインにも立てないような学問ですから、これだけ知っているのはまぁ当然なんでしょうね。でも、筆者の興味はいかに幸せに生きるかに絞られています。そしてそれを哲学的に、問いを問うところから始めます。そして幸せになるための、自分探しの目的とは、生きる目的を探すことだという結論に至ります。しかしこれだけでは、問題の解決にはなりません。生きる目的とは何か。それはやっぱり自分で常に問い続けていかなければならないものなのでしょうね。

ニーチェもウィトゲンシュタインもパスカルも誰もが探し求めた自分、幸福。それがもちろんこんな簡単に書かれた本をよんだぐらいで見つかるわけではありませんけど、それを探し求めることについてもういちど考えさせてくれる良書となっているのじゃないでしょうか?

一つおもしろいと思ったのは、国際的な調査で、「あなたは幸福ですか?」と聞いた質問。いろいろな属性にいろいろな質問をしたけれど、どれくらい幸せですか?という答えを変えた要素は一つだけだったようです。それは、その人が結婚しているかどうか。結婚している人は未婚の人の二倍ほども「とても幸せだ」と答える人がいたそうです。決して新婚夫婦にだけ聞いた訳じゃないことを考えるとなかなかおもしろい結果になっていますね。結局人間は一人では生きられないってことなのかもしれないですね。自分も早く見つけないと、って結局自分探しっていうよりかは相手探しって結論になっちゃってませんかね?(笑)





男のための自分探し
Amazonで購入
書評/ライフスタイル



にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 23:39 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(3) | その他ノンフィクション
この記事へのコメント
はじめまして。あなきんと申します。『男のための自分探し』を紹介して頂き、どうも有難うございました。

拙著が生きる目的を考えるきっかけになってくれれば、望外の喜びです。

他の方の書評と一緒に、当方のブログ『愛と哲学の自分探し』に紹介させて頂きました。どうも有難うございました。
Posted by あなきん at 2008年08月23日 09:20
あなきんさん。
こんばんは。

お返事が遅れて申し訳ありませんでした。 拙著って書いてあるぐらいですから、伊藤健太郎さんだと思ってよいのかしら?

この本、わかりやすくて考えさせてくれて良書ですね。でも、もう少し難しい言葉で書いてくれた方が心に残るっていうこともあるかもしれない、なんて思いながら読んでいました。

なにはともあれ、素敵な本をありがとうございます。 そちらの方にも遊びにいかせてもらいますねー。
Posted by kbb at 2008年08月25日 21:35
kbb様

はじめまして!
jibun354と申します。

私も『男のための自分探し』読みました!
途中から哲学的な内容になって、自分には少し難しいように感じましたが、大事な事が書かれていると思います。
他の人はどんな読み方をしているのか、興味があるので、『男の〜』書評をまとめたブログを作ってみました。

http://d.hatena.ne.jp/jibun354/20081001/1222850895

にて紹介させていただいたので、どうぞ来ていただければと思います。
Posted by jibun354 at 2008年10月01日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック

『男のための自分探し』
Excerpt: 最近順調に読みこなしている『本が好き!』プロジェクト。ですが、今回手にした本は、
Weblog: みかん星人の幻覚
Tracked: 2008-09-10 00:15

男のための自分探し
Excerpt: 男のための自分探し 著/伊藤健太郎 一万年堂出版 作品紹介 男は単純なので、お金、車、恋人と、欲しいものを手にいれようと奮闘する−−これぞ遺伝子の思うつぼ!東京大学で「科学哲学..
Weblog: TSUTAYA×BOOK とびっきり BOOK Navigator’s Blog
Tracked: 2008-09-12 10:29

[書評の紹介]「あれやこれや」さん
Excerpt: 男のための自分探し 伊藤 健太郎(著)が あれやこれや: 男のための自分探し-伊藤健太郎 にて紹介されています。 男のための自分探し-伊藤健太郎 「男のための自分探し」 伊藤健太郎こんばんは。昨日は..
Weblog: 『男のための自分探し』が面白い
Tracked: 2008-10-01 17:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。