本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年09月13日

優しい音楽-瀬尾まいこ

「優しい音楽」 瀬尾まいこ

瀬尾まいここんにちは。
今日の夜は飲みに行くので早い時間の更新です。
ってただ早くに目が覚めてしまって他にすることがないだけなんですけどね。今までだったらパチンコ屋へと足を向けていたのでしょうけど、もうそんなことはしない、あんまり・・・

さて、昨日の記事で最近小説を読めないと書きましたが、また読んでみましたよ。瀬尾まいこの「優しい音楽」。最近好きな作家なので、少し心を躍らせながら読んでみました。

結果はというと、なんだか救われた気分です。読めたっていう事実にも、そして作品の内容にも。瀬尾まいこの小説って普通のシチュエーションになんの事件も起こらないけれど、でも最後にほろっとさせてくれる。日常に起こる小さな幸せや驚きがしっかりと描かれていて、それがうれしくなっちゃうんですよね。

といっても、冷静になって考えみると、それは決して普通のシチュエーションでもなく、しかも事件もしっかりと起こる。すっごい美人の女の子にストーカーになられるとか、不倫相手の男の娘を預かることになるとか、同棲相手にホームレスのおじさんを拾われてくるとか。

しかもストーカーされていた理由がちゃんとあるし、不倫相手の男の娘につきあって豪遊しちゃうし、ホームレスのおじさんにいろいろ教わっちゃうし。

こういうあり得ないことがあり得そうだと思わせてくれる、彼女の文章が好きなのかもしれない。彼女の小説の登場人物ですらそれが当たり前のことのように受け入れているのがさらにおもしろい。

しかも結論としては上記のように日常にひそむ喜びや驚きを描いているように見せているのだからなんという矛盾なのだろうか。そして最後にぼろぼろと涙を落とすことはなくても、瞳いっぱいに涙をためてしまうことになる。あくびをしたフリをしていつもそれを拭うことになるのだけど。

毎日同じように過ごしていても、瀬尾まいこのように感じる人もいれば、毎日一緒だなぁなんて思いつつパチンコやお酒ぐらいでしか非日常を味わえない僕みたいのもいる。なんてつまらない男なんでしょうかね。

と、思いつつ今日も飲んでくるのですけどね。では、みなさんも素敵な土曜日をお過ごしくださいませ。どっかでホームレスのおじさんを拾ってこないようにしてくださいね。




にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 10:52 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(1) | 瀬尾まいこ
この記事へのコメント
小説の記事は本当に久しぶりですねー。
ワタクシも最近はエッセイだのなんだのが多いです。
お互いにそんな波が押し寄せてきているのでしょうか?

ワタクシもkbbさんに習って
土曜日を素敵に過ごすためにお出かけいたします。
もちろんホームレスのおじさんには気をつけて(笑)

Posted by MOW at 2008年09月13日 16:27
MOWさん!

おはようございます。じゃなかった・・・。こんにちは!

小説の読めない波ってのがあるんでしょうかねぇ。ボディボードをやっても波に乗れない僕だったのに、今回の波にはしっかりと乗っちゃったみたいですね。ここはおもしろい小説を読んで、小説の波に乗り換えないといけないですよねぇ。
Posted by kbb at 2008年09月15日 13:46
瀬尾さんの作品いいですね〜。
最後のホームレスの話が特に好きでした。

ふと思ったのですが瀬尾さんの作品って全部タイトルが地味ですね。
優しい音楽・・・もっとビビビっとくるタイトルはなかったのか。
まぁ、好きなんですけどね。
Posted by sonatine at 2008年09月20日 14:19
sonatineさん。
こんにちはー。

たしかにタイトルがどれもシンプルですねぇ。同じように書かれていることもシンプルでわかりやすいのが瀬尾まいこの魅力なんでしょうけどね。

ホームレスの話。よかったですよね。日常に飽きたら非日常が必要なんでしょうね。
Posted by kbb at 2008年09月21日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/106485664

優しい音楽
Excerpt: 優しい音楽瀬尾 まいこ 双葉社 2005-04売り上げランキング : 14,350おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools これで、瀬尾作品は全部読んだぞー! ...
Weblog: 寝ていられるのになぜ起きる?
Tracked: 2008-09-20 14:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。