本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年09月21日

僕たちの戦争-荻原浩

「僕たちの戦争」 荻原浩

僕たちの戦争こんにちは。

先日ボディーボードを初体験して、「こんなの初めて(ハート)」なんて発言をしてきたんです。でも全然波に乗れなくて自分ってなんて駄目な男なのだろうかって落ち込む原因になっちゃったんですけどね。

さて、現代の根拠なしポジティブを持ったサーファーの健太と昭和十九年の霞ヶ浦練習航空隊所属の吾一が入れ替わってしまった「僕たちの戦争」です。久しぶりの荻原浩作品です。

吾一と健太は誰もが認めるそっくりさん。二人の関係は明らかにはされませんが、血はつながっていなさそうです。

根拠なしポジティブの健太はいきなり飛ばされた昭和十九年の世界をテレビのどっきり番組だと思いこんだり防空壕に一緒に逃げ込んだ文子さんに恋をしてしまったりと、こいつならどこでも生きていけると思わせてくれます。それもこれもサーファーとして不定形の波をいつも相手にしているからなのでしょうかね。

一方の吾一は過去に戻るために現代でその方法を探ります。バイトをしたり自衛隊に入ろうとしたり、健太の恋人、ミナミとセックスをしたり。そしてミナミと沖縄へ旅行をし、健太が特攻をはじめようとするまさにその地で海にはいる。

ラストなんですが、もう少しわかりやすく書いて欲しかったなぁ、ぼやかして書きたかったのでしょうけど、もやもやが残ってしまう終わり方でした。もちろんこっちの方がいいって人も多いと思いますけどね。

この作品は荻原浩のうまさが目立つものになっています。健太と吾一の場面での言葉の使い方、選び方。きっとこれが荻原浩のうまさなんでしょうね。昔の人である吾一からみた現代の世界が今の人からみたらおもしろく描かれています。昔の人からみたらこの世界はきっと夢の世界なんでしょうね。でも、ぼくらのおじいちゃんおばあちゃんにとってみても不思議な機械がいっぱいあるのかもしれないですね。

おじいちゃんおばあちゃんに限らず新しいものをすぐに受け入れていられる人間っていうの本当は根拠なしポジティブなのかもしれないですね。




にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 14:03 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 荻原浩
この記事へのコメント
この本、気になってましたー。
おもしろそうですね。今度読んでみます!
Posted by sonatine at 2008年09月22日 09:10
sonatineさん。
こんばんはー。

おもしろかったですよー。
特に視点によって変わる描写がいいです。

読み終わったらぜひぜひラストシーンの感想聞かせてくださいね。
Posted by kbb at 2008年09月22日 21:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。