本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年11月09日

魔王-伊坂幸太郎

「魔王」 伊坂幸太郎

魔王こんにちは。

さて、今日三回目の更新です。「ぺ」がつまらなかったからだとか言って「にぎやかな部屋」をアップしましたけど、そんなのただのいいわけで、ちょっとイヤなことがあったので、文章を書いて忘れていたいだけなんでしょうね。というわけで、伊坂幸太郎の「魔王」です。

最近伊坂幸太郎ブームが自分の中でおこっているようで、短い間に何冊も読んでいる気がします。絲山秋子や瀬尾まいこもそういう時があったので、これはもうどうしようもない癖なんでしょうかね。はまっちゃうとなかなか抜け出せないんですよね。女の子にも愛情を持ってはまってあげるのに、誰も私の所へおいでと言ってくれないのはなぜなんでしょうかね。

会社員の安藤と弟の潤也が主人公の物語です。といっても、二つの物語が収録されていて、それぞれの主人公がっていう感じですけどね。

兄の安藤はある日、自分に特殊な能力があることを知る。誰かを操って自分が言わせたい言葉を言わせることができることに気づいたのだ。そんな頃日本ではある政治家が頭角をあらわしてきた。不況にあえぐ日本で、私を首相にして五年後に景気がよくなっていなければ私のクビをはねればいい、とテレビで大言を吐くような男だった。そんな言葉をはく男を日本中が熱気を持って迎える。そんな状況に不安を感じた安藤はその政治家の街頭演説会に行き、彼の支持を失わせるような言葉を彼自身に言わせようとする。その街頭演説会場で安藤は脳溢血で死んでしまう。

これが一つ目の短編"魔王"の物語。二つ目の"呼吸"は安藤が死んで五年後の物語。政治家は首相になり、五年が経とうとしている。景気もよくなり、彼の意向による憲法改正が行われようとしている。世の中が大きく変わろうとしているときに、弟、潤也も自分に特殊な能力があることに気づく。それは10分の1までの確率のものなら自分は当てられるという物。じゃんけんでは負けることはないし、10頭立て以下の競馬なら負けない。その能力を使って世の中を変えようとする潤也。

これが「魔王」という一冊の物語となっています。でも正直いって伊坂幸太郎がこの物語でいいたいことがよくわからなかった。こうやって民衆の支持によって支えられている政治家の強引な変革は怖いことなのだよ、とか、ファシズムのようにみんなの意見が一つになるのって怖くない?って言いたいのかしらなんて思いつつ読みすすめていきました。今の世の中、少し前の民衆の支持をパフォーマンスで得た首相、そこらを頭に思い描きながらね。

ところが、あとがきでこういいきります。

この物語の中には、ファシズムや憲法、国民投票などがでてきますが、それらはすべてテーマではなく、そういったことに関する特定のメッセージも含んでいません。


なんだか最後に裏切られた気分です。もし本当にそうなのであれば、僕はこの作品から何も手に入れることができなかったことになるし、もしこれが自分の身を守るために書いた物なのだとしたら、最後の最後で、やっぱやーめた、と言われて全てをなしにされた小学生のときの野球を思い出してしまいます。

この物語の続編ともいうべき「モダンタイムス」という作品がでていますね。これじゃあなんだか欲求不満になりそうだから、「モダンタイムス」も読んでしまいそうな気がします。これも伊坂幸太郎の戦略なのでしょうかね。




にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 14:16 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊坂幸太郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。