本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年11月11日

間違いだらけのビール選び-清水義範

「間違いだらけのビール選び」 清水義範

間違いだらけのビール選びこんばんは。

最近、お昼に裏の喫茶店へ行くのをやめて、近くの移動販売のお弁当屋さんで買ったお弁当を持って公園でまったりとしています。オフィス街にでてくる弁当屋さんのお弁当があんなに安くておいしいのを初めて知ってびっくりしています。帰り道にも駅の近くで売っていてくれれば買って帰るのになぁ。にしても、寒い季節になってから外でお弁当を食べるのはどう考えても間違った判断ですよねぇ。周りのベンチでお弁当を食べている人がぜんぜんいないのが納得できますものね。

さて、外でお弁当を食べる季節は間違えてもビールの味は間違えない自信がある僕ですが、そんな人がテーマの作品が表題作の「間違いだらけのビール選び」です。

最近では発泡酒や第三のビールなどなど、ビールとは名ばかりのものが増えています。僕はアサヒスーパードライしか買わないので、他のは習慣的には飲まないのですけど、飲んでいる人に言わせると、味なんて大して変わらないそうですね。って、言われると、自分がなんだか損をしている気がするのですけど、でも、そこは譲れないんですよねぇ。

表題作の作品も、ビール会社によって普段飲んでいたビールの味を突然変えられてしまい、他のビールも飲んでみるかとなじみの酒屋にサンプルをもらうも何がなんだかわからなくなってしまうというお話でした。

この作品集は短編集ですけど、他にも清水義範風の風刺の効いた現代に対する見方がよくでています。

セクシー系の声優さんがストーカーに襲われる話。清水義範自身のNHKでの経験を元にしたお話。年末のデパートの仕事で家でゆっくりできなかった父親が正月に家族に見捨てられるお話。

どれもこれもありそうな話で、怖さが感じられるものばかりになっています。

昼休みってなぜか一人になりたいし、自分の机からも離れたいからどうしても公園とかになっちゃうんですよね。コーヒーが飲めてゆっくりタバコが吸えるお店を見つけられればいいのだけれど、最近はタバコに対して冷たい人が多いですからねぇ。困った物です。




にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 22:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 清水義範
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/109500386
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。