本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年11月17日

サウスバウンド-奥田英朗

「サウスバウンド 上」
「サウスバウンド 下」
奥田英朗

サウスバウンド 上サウスバウンド 下こんばんは。

フリマが中止になり、昼間からビールを浴びて酔っぱらったところでフテ寝をしていたら0時近くに電話で起こされてしまって寝られなくなってしまったkbbです。

さて、サウスバウンドです。読もう、読もうと積ん読しておいたままはや数ヶ月。ケーブルテレビで豊川悦司主演の映画「サウスバウンド」を見てたら、すっげーおもしろいな、これというわけで、やっと原作に手が伸びたわけです。トヨエツってあんなお茶目な演技もできるんですね。天海祐希の素敵なお母さんぶりもよかったです。

で、原作を読んでみると、映画よりも全然おもしろい。映画がうまい具合に原作の予告編のようなイイトコ取りになっていて、矛盾しているところがあんまりなかったから素直に読めたのかもしれません。

オトナのような子供、コドモのような大人。自分の主義主張を曲げるぐらいなら生きている意味がない。そんな父親、一郎の姿を息子、二郎の目を通して描かれている。母親は父親の唯一のファン。息子たちはそんな母親のファン。そんな両親が決めた沖縄行きに振り回されながらも、沖縄で自分自身を見つける。父親は言う。

お父さんを見習うな。おとうさんは少し極端だからな。


結局他人の決めたことになんて大した意味もなく、自分が決めたことを自分で行動することによってその人にとっての意味が生まれてくるのだろうか。

(ほんとか嘘かわからないけど)物書きとして西表島に移住し、世間にも社会にも法律にも縛られない生活をしようとした一郎。彼を縛るには世間は狭すぎたし、法律や社会は狭量すぎたのだろう。

西表島で共有生活のようなことをしながら物書きでもしていれば、明日のことを考えながらお酒を飲むなんてつまらないことをしなくてもいいのでしょうけど、僕にはその才能も行動力もない、ということで今日はおとなしく寝ることにしましょうかね。こんな僕のそばに一郎がいたらヘッドロックをかけてくることでしょうけどね。




にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 01:51 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 奥田英朗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック

奥田英朗『サウスバウンド』
Excerpt: 今回は奥田英朗『サウスバウンド』です。 奥田英朗(おくだ ひでお)は1959年生まれ、岐阜県岐阜市出身。 プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー..
Weblog: 初心者のための読書ガイド
Tracked: 2009-02-14 20:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。