本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年11月20日

定年ゴジラ-重松清

「定年ゴジラ」 重松清

定年ゴジラおはようございます。

今日も寒いですね。天気予報をみていたら、ソウルの現在の気温は-3℃だそうです。寒いんでしょうねぇ。そんな寒いところに行っても朝布団からでることができずに無駄にだらだら過ごしてしまいそうな気がしてしまいます。まぁ休暇に行くのだからそれでもいいのでしょうけどね。

さて、重松清の「定年ゴジラ」です。開発から30年のニュータウン、くぬぎ台が舞台です。新宿から私鉄で約2時間。30年サラリーマンをして子供を育て上げ、そして定年を迎える。毎朝6時台の電車に乗り、0時台の電車で帰ってくる。昼間の、生活の場としての街を知らず生きてきた男たち4人の物語です。

歩き始めは下り坂、これ鉄則。
なにより怖いのは日射病。
ジャージは禁物。腰を痛めるし、腹も出る。

先輩たちがそうやって山崎さんに伝える。みんな散歩の達人だ。
だって他にやることがないんだもん。

開発会社のコンセプトの元に作られたニュータウンの周りには酒を飲むところもない。夫婦と子供二人の家族が住むのに安全な、暮らしやすい、静かな、自然の多い街をつくったら定年後過ごすのにつまらない街ができあがってしまった。
「真面目な息子を育てていたと思ったらつまらない男ができあがってしまった」

そんな街のご近所トラブルや家族の問題、ふるさととは何か、そんなテーマの物語の連作短編集になっています。誰もが歳をとるわけで、いつかは誰にでも定年はやってくる。そのときに人はどう生きるか。趣味ももたず、家族にいい暮らしをさせてやるために毎日遅くまで仕事をする。そこに残るのはなんなのか。

結局誰のために働いているかってことになるのでしょうね。家族の幸せが自分の幸せに感じられる人ならいいのでしょうけど、最後は一人ってことなのでしょうかね。でも、彼らは一人ではない。自分の子供よりも長く一緒に暮らしてきた奥さんがいる。趣味のない人はつまらないなんていうような世間の評価を気にせずに奥さんがそれでいいっていうのならいいのでしょうね。もう数十年一緒にいるのですものね。

僕はかねがね、娘は心配しすぎてしまうから、息子の方がいいなんて言っていたのですけど、よくよく考え見たら僕は男が大嫌いなんですよね。何をしても煮え切らないし、すぐに人のせいにするし、最後に逃げ出すし。それよりも娘の方がかわいいかもしれないですね。まぁかわいいからこそ心配になるのでしょうけどね。でもどうやらやっぱり父親は娘に煙たがられる存在になってしまうようですね。それは寂しいからいやだなぁ。

この本、ブックオフで買ったのですけど、中に血圧を測った結果用紙がはさまっていました。上の血圧が130。少し高血圧気味の人ですね。年齢も性別も書いていないけど、山崎さんのような定年後の男性がすることもなく、読書にはまって買った本なのかしらと想像しながらこの紙をしおりにして読んでいました。少し血圧が高いみたいだから気をつけてくださいね、って心に思いながら。定年を迎えてから寿命まで20年近くあるのです。きっと今までよりも楽しいことが待っているはずですよね。

さて、26日まで更新は休止です。旅行中に読んだ本は記憶に残るものですけど、今回は何を持っていこうかな。まだ決まっていないのですけどね。って本を読みに行くんじゃないのだからなんでもいいですよね。ではでは、いってきます。




にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 08:54 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ サ行
この記事へのコメント
出発当日の朝にブログを更新していたとは!

この本懐かしいですー。
重松さんの本、随分長い間読んでない気がするしなぁ。
ワタクシは、自分の周りが男家系ばかりなので、断然娘が欲しい派です。

韓国から帰ってきたら、旅の記事がアップされるんでしょうか?
今更ですが、いってらっしゃい!∠( ̄◇ ̄)
Posted by MOW at 2008年11月20日 21:25
MOWさん。
こんばんは!

やっと帰ってきましたよー。

MOWさんがなんだか男っぽいのは男系家族で育ったからなんですね。

今から韓国の記事でも書こうと思いつつ、記事上で写真の場所を調整するのがめんどくさい、なんて思いつつだらだらしているkbbでした。
Posted by kbb at 2008年11月26日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。