本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年12月31日

リセット・ボタン-伊藤たかみ

「リセット・ボタン」 伊藤たかみ

リセット・ボタンこんばんは。

みなさま、今年も一年間ありがとうございました。2005年にこのブログをはじめましたけど、初めて一年間を通して記事をアップできる年になりました。今年は247冊の本を読めたみたいです。三日で二冊ぐらいでした。一日一冊の目標は達成できませんでしたが、まぁ良しとしましょうかね。

さて大晦日とは一年に区切りをつけてリセットするようなものですけど、今年最後の更新にぴったりの本書「リセット・ボタン」、伊藤たかみです。初めて彼女の作品を読んだときはそこまで心に残ることにならなかったのですけど、なんとなく気になっていつのまにか手にとってしまっています。

大学生の僕がネットで知り合ったのは昔の恋人と同じ名前をもつ「荻原ミサ」。そのサイトは自殺志願者が集まるサイトだった。いつのまにか彼女にメッセージを送っていた僕は彼女に会い、遺書を書ける場所を提供する代わりに生活費をもってもらう約束をする。だんだん彼女に惹かれていく僕だったけど、彼女が遺書を書き上げてしまえば二人の生活は終わってしまう。彼女と関係を持ち、彼女と生活をともにすればするほど離れがたくなっていく。
そして遺書が書き上がり彼女は自殺を決行する。そして彼女が僕に遺したメッセージにはこう書かれていた。
もし自殺が上手くいったら、きみはほんのちょっとだけ泣いて下さい。
そのために僕は旅に出る。おじさんが遺してくれたマウンテンバイクに乗って。

あらすじを書いてみたら暗い話題しかない今の季節に合わない内容でしたね。今日も東横線でそういうことがありましたしね。せっかく社会がリセットボタンを押してくれる大晦日なのに、わざわざ自分自身でリセットすることなんてないのに。

一昔前にファミコンのリセットボタンを押すように人間関係をリセットする若者が多くなってきた、とどこかで言っている人がいたような気がしましたけど、昔から同じような装置はあったわけですね。大晦日然り、夏祭り然り、毎晩の晩酌という習慣だって結局は一日をリセットする装置だったようにも思えますしね。

さて、一年のリセットボタンとなる0時まであと5時間を切りました。あとは酒でも飲んで、思い出したくないことも記憶のなかからリセットして新年に備えたいと思います。

みなさまよいお年をお迎え下さい。来年も素敵な一年になりますように。来年もどうぞよろしくおねがいしますね。

ではでは、よいお酒を飲みましょう。




にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 18:42 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ ア行
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
247冊!!!すごい〜〜〜!!!
私は100冊ぐらいでした。
今年は200冊超えを目標とします。
kbbさんにとって良い年、よい読書年となりますように☆
今年もよろしくお願いします(^^)
Posted by sonatine at 2009年01月03日 09:16
sonatineさん。

あけましておめでとうございます!

僕の場合は毎日暇な証拠だから威張れたものじゃないんですけど、100冊でもすごいもんですよねぇ。

sonatineさんも今年もよい本に巡り会えるように祈っております。
今年もどうぞよろしくね。
Posted by kbb at 2009年01月03日 17:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/111971437
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。