本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2009年01月17日

新婚旅行は命がけ 新婚物語T-新井素子

「新婚旅行は命がけ 新婚物語T」 新井素子

画像はないけどアマゾンに飛ぶよこんにちは。

先日友人からこんな質問をされました。
「近々結婚するの?」
そんな予定も相手もあらず、どうしてそんなこと聞くのだろうかと考えてみたら、一つ思い当たる節が……。
今年の年賀状を送るのに、友人に住所を聞いていたのですけど、一人だけ聞いたのに年賀状を送るのを忘れていた人がいました。こっちは送った物だとばっかりおもっていたので、その質問が唐突でびっくりでした。

さて、新井素子「新婚旅行は命がけ」です。新井素子は以前「本屋でぼくの本を見た」で短い文章を読んだことはあったのですけど、長い文章はこれが初めてです。といっても短編集なんですけどね。

陽子さんと正彦君は新婚でマレーシアに来ています。陽子さんの言うことも聞かずにビーチに寝転がっている正彦君。正彦君の言うことも聞かずにウミヘビをつかもうとした陽子さん。やけどのせいで新婚初夜はベッドでうなっていることしかできなかった正彦君。といったように、うまくいっていないんだか、いっているだかわからない二人です。そんな二人の新婚生活の様子がおもしろおかしく描かれています。

二人で一緒に生活することになって食事の好みや寝相の悪さ、いびきの大きさ、テレビをずっとみていなければならないなどなどお互い見えなかったことがどんどん出てきてそれのすりあわせをしていく過程が丁寧に書かれていて、結婚を夢見る女性が読むと大変役に立つ教科書になるのではないでしょうかね。

ゼクシィのCMに出てくるような女の子に「結婚して」って言われたら今すぐにでも区役所に飛び込んでいくんですけど、なかなかそういう子が現れないのが問題ですよね。なんてこと言っていて周りにいる子が結婚したいと密かに思っていたら怒られちゃうからこの辺でやめておきましょうかね。

そうそう、この作品は「結婚物語」の続編っていうことになっているみたいです。正彦君と陽子さんがつきあうところから結婚に至るまでが描かれているそうなんですけど、こちらの方が僕にとっては役に立つのかしらなんて思っています。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 17:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ ア行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/112746392
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。