本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2009年01月24日

女たちは二度遊ぶ-吉田修一

「女たちは二度遊ぶ」 吉田修一

女たちは二度遊ぶこんにちは。

最近ついつい会社帰りに遊び過ぎちゃって更新がおろそかになってしまいました。遊び過ぎちゃうとどうしても生活が乱れてしまいますね。朝起きれなくなったり、ゴミを出し忘れてしまったり。いけないけないと思いつつも次の日も同じ事をしてしまうのはやっぱり自分が駄目だからでしょうね。

さて、吉田修一「女たちは二度遊ぶ」です。

吉田修一の男女を描いた短編集になっています。11人の女が描かれています。タイトルは一つをのぞいて全て「どしゃぶりの女」「公衆電話の女」「夢の女」のように「〜の女」という形でつけられています。

違う形でつけられたタイトルは「最初の妻」。中学生になったばかりの13歳の男女が主人公の物語です。彼がした初めてのデートは同級生のかずみとだった。二人で電車に乗り隣町までいく。バスに乗りラーメンを食べて郊外の住宅地をぶらつく。いつしか一つ一つの住宅に将来自分たちが結婚して住むことを想像してみるゲームがはじまる。あるアパートの前でかずみがここなんてどう?と聞かれた僕は答える。「こんなところで住むぐらいなら死んだ方がましだよ」と。おんぼろすぎるから。そこはかずみが二週間後に母と二人で引っ越してくるアパートだった。

20ページぐらいしかない物語なのですが、心の動き方が悲しいぐらいによく書けているのはさすが吉田修一だからでしょうかね。
他にもいくつも印象深い作品が多かったのですが、全部紹介するわけにもいかないのでこの辺で。その分はずれも多いのは作品の収録数が多いからしょうがないのでしょうね。

今日はもう今年始まってずいぶん経ってしまいましたけど新年会に行って来ます。代々木のネパール料理なんてどんなのか想像できないものを食べてくるのですけど、ネパール料理に合うお酒ってなんなのでしょうかね。そもそもネパールはお酒なんて飲まないのかしら?まぁ楽しみにしておきましょうかね。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 11:37 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(1) | 吉田修一
この記事へのコメント
ネパール料理、いいですねぇ。
ところで、この本の表紙ネパールっぽい。
なんとなくですが・・・。

kbbさんの感想を読んで、
読んだはずなのに、すっかり内容を忘れていました。
前に読んで、辛口ですが、よかったら見てください。
Posted by sonatine at 2009年01月26日 19:22
sonatineさん。
おはようございます。

ネパール料理。不思議な味でした。いろんなところのが混ざっているそんな感じです。インドの横の小国だからそうやって吸収しないと生きてこれなかったのかもしれないですね。

正直いうと、この作品。あんまり覚えていないんですよね。いいの?って聞かれると、いやぁ。。。って言葉を濁したくなる感じでした。
吉田修一にはいい作品も多いので残念ですけどねぇ。
Posted by kbb at 2009年01月27日 08:11
ネパール料理は食べても不思議なんですね。
ワタクシも食べたことがないので、それこそ不思議です。

かずみの話は良さそうですね。
でも20ページの小説ではなくて、
kbbさんの語りを読んだから感じられたのかも?!

「kbbさんは今夜も遊ぶんだろうか、いや、インフルエンザかも?」
などと妄想しているMOWでした。
Posted by MOW at 2009年01月27日 18:32
MOWさん。
こんばんは。

ふふふ。インフルエンザよりもびっくりの事件が起こりましたよ。遊んでいられなくなっちゃいました(笑)。
次回の更新でご案内しますので、楽しみにしていてくださいね。

って今日更新しろって感じですけどね(笑)

ネパール料理でもちゃんとビールがいっぱい飲めて幸せでした。
おいしかったので、ぜひ行ってみてください。代々木にありましたよー。
Posted by kbb at 2009年01月30日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/113079963

女たちは二度遊ぶ
Excerpt: 女たちは二度遊ぶ吉田 修一 角川書店 2006-03-25売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools 本当になんにもしない女だった。炊事、洗濯、掃...
Weblog: 寝ていられるのになぜ起きる?
Tracked: 2009-01-26 19:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。