本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2009年02月07日

こうふく あかの-西加奈子

「こうふく あかの」 西加奈子

こうふく あかのこんばんは。あんまり更新しないと、前回の痴漢はおまえじゃないかと疑われちゃいそうですね。あぶないあぶないだぜ。

さて、アントニオ猪木です。なんだかとってもこの人を尊敬しているというか、この人からパワーをもらっている人が多いと思うのですけど、僕にはわかりません。でも、アントニオ猪木のものまねをしている春一番という芸人は腎不全で手術しているときに薬も効かないのに、アントニオ猪木が見舞いに来て、こんなところにいないで外で飲みに行こうぜ、って言ったとたんに具合がどんどんよくなっていったらしく、すでに退院して仕事もしているみたいです。アントニオ猪木ってすごい人なんですね。

さて、西加奈子「こうふく あかの」です。「こうふく みどりの」の続きのようなものです。よう、といったのはこれが明示的に続きとは言われていないからです。むしろどっちが続きなのかもわかりません。「あか」からでも「みどり」からでも読んだらいいと思います。僕の場合「みどり」は高校生の緑ちゃんが主人公だったので、先に読み始めたってだけの問題でした。こちらは疲れ切ったサラリーマンが主人公です。

この小説でもアントニオ猪木はいろんな人に影響を与えています。小さい頃にアントニオ猪木の映像を見たことによって2039年に人気もなくなったプロレスのリングにあがることになった男。
そして、現在の日本で旅行にいった奥さんに誰の子からもわからない子供を妊娠された疲れた課長さん。でもかっこつけの彼はそんなこと誰にもいえるはずもなく、仕事もできない(と思っている)同期にだけ二人で飲んだときについ言ってしまう。しかも飲みにいったのはリングのある飲み屋。そこではアントニオ猪木の試合のビデオが延々流されている。

そんなにアントニオ猪木の試合ってすごかったのかしら、と全盛期を知らない僕は思ってしまうのです。今日テレビ朝日でアントニオ猪木対モハメド・アリの試合の裏側を全部見せる番組をやっていたみたいですね。残念ながら見ることはできなかったのですけど、再放送でやってくれないですかね。

youtubeでアントニオ猪木が引退のときにリング上で言った言葉を見つけました。
「道」という詩のようです。


人は歩みを止めた時に、

そして、

挑戦をあきらめた時に年老いていくのだと思います。

この道を行けばどうなるものか

危ぶむなかれ

危ぶめば道はなし

踏み出せば

その一足が道となり

その一足が道となる

迷わずゆけよ

行けばわかるさ


迷いに迷って失敗をおそれてそして自分にいいわけをして結局いかないことの多い僕です。それじゃあいけないってアントニオ猪木も言っているんですね。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 23:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 西加奈子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/113857893
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。