本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2009年02月12日

アッシュベイビー-金原ひとみ

「アッシュベイビー」 金原ひとみ

アッシュベイビーおはようございます。

最近なんだか短いスカートの女の子が多い気がしませんか?まだまだ空気は寒いのに、季節感はそれよりも一足早く来るんでしょうね。先日デンマークに住んでいる女の子から絵はがきが届いたのですけど、デンマークは氷点下の気温だけど女の子達はミニスカートを履いて外を歩き回っていると書いてありました。その子は雪だるまのような格好をしているって書いてありましたけどね。

さて、村上春樹を読もうと思っていたのですけど、ちょうど鞄に入っていたのがこれでした。「アッシュベイビー」金原ひとみです。表紙の写真が結構気持ち悪いのですけど、球体関節人形らしいです。目がないのがこわく感じてしまうのでしょうかね。暗い部屋ではあんまり見たくない写真ですね。

内容も写真に負けず劣らず金原ひとみらしく、気持ち悪い描写が直接、突然現れてきます。
キャバクラ嬢のアヤは大学時代のホクトと同棲生活をはじめた。同棲と言うよりは同居という言葉の方があっている生活だけど、同じ屋根の下で暮らしている。ホクトはアヤの部屋に入ってこようともしない。女として見られていないのだろうか。
ホクトの同僚がある日アヤの働いているキャバクラに遊びに来た。村野というその男に惚れてしまったアヤは村野のことが忘れられなくなる。
そしてホクトは家に誰の子かわからない赤ん坊を連れてきた。ホクトは小児性愛好だったのだ。

突然自分の太股にナイフを突き立てるアヤ、赤ん坊とセックスをするホクト。ニワトリやウサギとセックスをするホクト。そのニワトリやウサギを何にも考えずに殺すアヤ。

気持ち悪いというか、怖いというか。金原ひとみはこういうものを題材としてしか小説を書けないのかもしれないですね。まぁ、なくはないということで悪くはないんでしょうけどね。いつか事件を起こした僕の本棚にこの本があったらそれがワイドショーで報じられてしまうのかしらね。報じられてしまうような類の作品はいくつかあるのですけど、それがすべてその人の性向や性格を決めるわけでもないのに、ステレオタイプのように報じられるのは、わかりやすさを人が求めてしまうからなのでしょうけどね。

電車の中でつい高校生のミニスカートを眺めてしまうのですけど、僕の場合は正常な範囲内のロリコンだと思っているのですけどどうなのでしょうかね。まぁ捕まるようなことをする勇気はないですけどね。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 08:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金原ひとみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/114090816
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。