本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2009年02月22日

余白の愛-小川洋子

「余白の愛」 小川洋子

余白の愛こんにちは。

先日、待ち合わせをしていてしばらくハチ公前にいたのですけど、待ち合わせをしている男女の会話を聞いていて思ったことがありました。

男) 待った!?
女) 大丈夫だよ。

っていう会話がそこそこで聞こえたのですけど、これって以前は

男) 待った!?
女) 全然。

っていう会話だと思ったのですけどいかがでしょうか?上のは(待ったけど怒ってないから)大丈夫だよ。っていう答えなのに対して下のは全然(待ってないよ)。ってことになると思うのですけど、どうでしょうか?

だから何って言われると困るのですけど、全然待っていないよ、って相手を気遣う言葉が減っているのが寂しいなって思っただけなんですけどね。

さて、小川洋子、「余白の愛」です。
小川洋子は何かについて偏執的に書かせたらピカ一です。この作品も指に対して病的に好きなことを表現したらこんな作品になるっていう典型かもしれないですね。

突発性難聴になったわたし。以前は貴族の住居だったホテルの隣に位置するF耳鼻咽喉科病院に入院していた。退院してから三日後、突発性難聴の患者ばかりを集めた座談会に出席するためそのホテルの一室に訪れた。Yはそこにいた。速記者として出席していたYの指に惹かれてしまう私。そこから私とYの交流がはじまる。

そんなお話です。小川洋子が描くものっていうのは香りや音など、すぐに消えてしまって手で掬うことができないもの。指や耳などの見ているはずなのに見たことすら記憶に残らないものなどがおおいですよね。そういえば「博士の愛した数式」は記憶がテーマでしたよね。それに「凍り付いた香り」は匂いがテーマでしたね。

この作品のテーマは指と耳と音。私の耳。ベートーベンの補聴器。Yの指。突然聞こえてくるヴァイオリンの音。全てが確実なのものでないからこそ、それを形あるものとして残したい。Yの指を通して。

冒頭のカップルの会話ですけど、そんな言葉を使っていたなんて当の本人達はまったく覚えていないでしょうね。でも、だからこそそういう一言一言を大切にしたいなぁなんて思います。酔っぱらっていつも後悔しているのはそういう言葉の使い方なんですけどね。こんなこと言ってますけど失敗してばかりです。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 16:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 小川洋子
この記事へのコメント
懐かしくてついついコメントです。
この物語を読んでる時って、ある意味幸せじゃないですか?
だって自分の思い描く理想の指をずーっと想像し続けるんですもん。

今度待ち合わせで待つことがあったら、自分がなんて答えるか気にしてみようと思います。
でも待ち合わせにはいつも遅れるからなぁ…。
Posted by MOW at 2009年02月23日 18:42
MOWさん。
おはようございます。

MOWさんも指好きなんですね。女性は多いですよね。指に何かを感じてるんでしょうね。まったく美しくない指を持っている僕はなんだか悔しいです。

MOWさんが遅刻しながら一生懸命走っている姿を想像してしまいました(笑)。
Posted by kbb at 2009年02月24日 08:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。