本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2009年03月07日

真昼の花-角田光代

「真昼の花」 角田光代

真昼の花こんばんは。やっと転職活動が一段落しました。っていっても応募していた企業ほとんどから残念ですがって連絡がきただけなんですけどね。あと一社だけ連絡が来ていないところがあるので、それに賭けてみようかしらなんて思っています。人に審査されるのに疲れちゃってもう仕事なんかしないで全てを投げ捨てて海外に高飛びしたいなんて思うんですけど、それもできないのが辛いところです。

さて、角田光代「真昼の花」です。
表題作と"地上八階の海"が収録されています。

表題作ですが、バックパックをしょってアジア各国を放浪している兄のあと追うように同じように日本を飛び出したフリーターの女の子が主人公です。
ある島にいったら闇両替に騙されて手持ちの現金をほとんど奪われてしまう。日本企業の前で物乞いをするようにまでなる私。帰る気もなく、進む気もない。移動と言う名のモラトリアムがいつまでも終わらない。

そんなお話です。その国で出会った男と安宿をシェアしたり、日本企業が開発を中止したビルの中に大勢の現地の人とともにすむ日本人と出会い彼女はいろんなことを考える。しかし彼女を変えるものはなにもない。

移動を目的にしている彼女とそこに住むことを目的にしている日本人との間の会話が興味深かった。会話というか、彼女の言葉というよりも、彼の言葉にガツンとやられたのですけどね。

帰らないというよりも、モラトリアムも伸ばしすぎて現実へ帰れないだけなんじゃないかな。(中略)どんなに長くいたって旅は旅だ、生活じゃない。生活じゃない部分で生活の真似事ができるから魅力的なわけでしょう。(中略)人が本当に何かを得たり、見たり、あるいはわかったりするのは、生活に密着した場所でしょう


高校の頃に沢木耕太郎の「深夜特急」を読んで旅にあこがれて、ヨーロッパにシベリア鉄道で入って一周してなんて計画して、それのためにいくら必要だからといってアルバイトをはじめて、おかげで高校を辞める羽目になって社会のレールからすっぱりと置いて行かれた僕ですけど、未だにどっかいきたいなんて思っていたんだなぁって思い知らされました。

さっさと仕事を見つけて大きな顔をしてみんなと飲む酒がおいしくなるようにしないといけませんね。なにもかも投げ捨ててどっかにいくのは、いつでもできることですものね。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 17:09 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 角田光代
この記事へのコメント
どっか行きたいと思いつつ生活しているのも
それはそれでいろいろ投げ捨てているのでしょうね。
あぁ、どうしよう。

高飛びせずにブログ更新してくれて嬉しいです。
Posted by MOW at 2009年03月08日 19:23
MOWさん。
こんばんは。

確かにそうですねぇ。なかなかおもしろい着眼点でした。MOW想ばかりしているわけじゃないんですね(笑)。

それはさておき、このブログも自分の知らない世界に高飛びしているようなものなのかもしれないですね。MOWさんや他の方とも交流をもてているわけですしね。

今後ともどうぞよろしくお願いしますね。
Posted by kbb at 2009年03月10日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック

『いつかモイカ河の橋の上で』 中野吉宏 著 (第三書館)
Excerpt:  副題は「会社を休んで59日間 地球一周」とある。  大学を出てフリーターをしながらお金を貯め小さな会社をつくった30代後半の男。一生懸命働くものの不景気も手伝い気持ちは空回り。ちょっとした出来事が..
Weblog: エルミタージュ図書館
Tracked: 2009-03-12 05:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。