本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2009年03月11日

流星の絆-東野圭吾

「流星の絆」 東野圭吾

流星の絆こんばんは。全然眠れなくてこんな時間に更新です。土日月と三連ちゃんで飲み過ぎてしまいました。そして今日の火曜日。なんだか体の芯から疲れが来ているような気がします。飲み過ぎで内蔵が疲れているのかもしれないですね。といって全然眠れないのはなぜなのでしょうかね。花粉症で鼻が詰まっているから体の中の酸素も足りない気がして踏んだり蹴ったりです。

さて、踏んだり蹴ったりの人生を歩む三人組が主人公の「流星の絆」、東野圭吾です。東野圭吾の長編作品は「秘密」に続いて二度目です。初めて彼のミステリー作品を読めるかとドキドキしていたのですけど、これも本格ミステリーって感じじゃなかったですね。

流星を見に行った兄妹三人。帰ってみると父と母が何者かに殺されていた。犯人を目撃したのは次男の泰輔しかいなかった。
それから手に手を取り合って生きる三人。といっても仕事はみんなで協力して詐欺を働くこと。妹の美貌と次男の演技力、長男の頭脳を使えば、騙せない相手なんていない。
そんなある日、詐欺のターゲットの父親があの日目撃したやつだという泰輔。今回の詐欺の目的はお金からあの日の犯人を見つけることに変わった。

こんなあらすじなわけですが、この犯人は作品のどこにもヒントとして描かれていないのでずるいなぁって感じですね。それずるくない?って思わず声に出しちゃいましたもの。

この作品ドラマ化もされていましたね。っていっても僕は見ていませんけど。妹役は誰がやったのでしょうかね。騙される男役なら僕がいくらでもやったんですけどね。だって騙される男はこうやって描かれているんですもの。ちょっと長いけど引用です。

女性に疎い男には二種類あると思っている。ひとつは、自分では女性にもてたくて努力しているが、一向に相手が振り向いてくれないというタイプで、もう一つは、決してもてなくはないのだが、別のことに関心が向いているせいで女性には縁がなかったというタイプだ。
 大抵の場合、前者は女性に対して積極的だ。自分から誘う勇気はなくても、女性のほうからなびいてくるのを待つ図々しさはある。こういうタイプ(中略)(は)目をつぶっていても落とせる。金を引き出すのも簡単で手間がかからない。


ね?僕のことが書いてあるのかと一瞬疑っちゃいましたもの。まぁお金はないので、引き出すことは不可能なんですけどね。

なんてこんなことばっかりいってちゃだめですね。kbbさん魅力アップ大作戦でも敢行しないとなぁってずっと思っているのですけど、なにかいい案があればお知らせ下さいね。
さて、眠りましょうかね。寝ているときに鼻がつまらないようにブリーズライトなんて商品を使ってみようかともくろんでいる僕でした。ではではおやすみなさい。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 02:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 東野圭吾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック

東野圭吾「流星の絆」を読んだ
Excerpt: 両親を殺された三兄妹の切ない復習劇。 宮藤官九郎演出、二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香出演のドラマの原作。そこそこヒットしました。 流...
Weblog: キャッチヘルブルース
Tracked: 2009-03-13 08:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。