本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2009年03月15日

石川くん-枡野浩一

「石川くん」 枡野浩一

石川くんおはようございます。休日の朝早くという時間でもないですけど、どうしてこんな時間に起きているかというと、TOEICを受けてきます。少しばかり英語が得意なので、履歴書にウリを一つでも多くつけようかと思って。そんなこけおどしが効くのかどうかわかりませんけどね。

さて、妻に話せないようなことをローマ字で日記に記していて、さらに現代ではそれが出版されてしまっている石川啄木の短歌を枡野浩一が現代語化してなおかつ、解説まで付けちゃったという豪華な作品です。

石川啄木。国語の教科書には彼の写真とともに必ず載っている人ですね。そんな偉い人をどうして石川くんなんて呼んでいるのか。それは彼の歌が必ずしも偉そうに思えないこと。彼の歌と彼の生き方がリンクしていないこと。そして石川くんは20代で亡くなっていて、枡野浩一の方が年上だから。そんな理由のようです。

はたらけど
はたらけど猶(なお)わが生活(くらし)楽にならざり
ぢつと手を見る

それを枡野浩一はこうやって現代語化しています。
がんばっているんだけどな
いつまでもこんな調子だ
じっと手を見る

こんな感じで現代語化されています。
この歌は有名な歌ですが、枡野浩一によると実は石川くんは全然働いていなかったとのこと。働き者というよりも怠け者の部類に入るようですよ。友人に金を無心して、娼婦通いなんかをして散財していたようですね。

他に石川くんの歌をいくつか。

友がみなわれよりえらく見ゆる日よ
花を買ひ来て
妻としたしむ

打明けて語りて
何か損をせしごとく思ひて
友とわかれぬ

一度でも我に頭を下げさせし
人みな死ねと
いのりてしこと


なんかどれも共感できるのは僕も怠け者だからなのでしょうかね。でもこんな歌も残しています。これにも共感してしまうのはやっぱり怠け者の共通項なのでしょうかね。では試験がんばってきますね。

こころよく
我にはたらく仕事あれ
それを仕遂げて死なむと思う





にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 10:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 枡野浩一
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。