本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2006年02月14日

バースデイ-鈴木光司

「バースデイ」 鈴木光司

バースデイ.jpg久しぶりに昔流行った動物占いとやらをやってみました。

新動物占い

結果は親分肌のぞうらしいです。あなたは落ち着きがあり、なんていわれてもまったく自覚がないのが残念です。他人の口出しや干渉を受け付けません、なんてところはあっているかも。相性抜群なのは親身になって悩みの相談相手になってくれるひつじさんらしいので私はひつじさんよ、って方は自己申告のほどよろしくお願いします。ひつじさんからのチョコレートも待ってるんだからっ。

って昨日読んだ本とは全然関係ないんだけどね。古本屋でおもしろい本を物色していたら、昔はまった鈴木光司の本を見つけました。読んだかなってぱらぱらとめくってみたら「リング」という文字が見えるじゃないですか。「リング」「らせん」「ループ」に関係のある短編が3作収まっている作品集でした。3部作は全部読んでいてたしかあれは「リング」だったと思うけど、映画を見て僕が思い描いていた貞子はあんなおどろおどろしくなくて、美しさの中に狂気を秘めている存在だったのにあんな風に描かれちゃって、それで遠ざかったことを思い出したりしながら、短編だし、つまらなかったら読まずに放っておけばいいよ、ぐらいの気持ちで買ったのですけど、その思いはいいほうに裏切られましたね。

最近父親の目から描いたエッセイが多くてちょっと飽きていた鈴木光司でしたけど、やはりかれはフィクションを書かせた方がうまいですね。あれだけ、完成された3部作にまだ付け足すことがあったなんてってちょっとびっくりしてしまいました。「空に浮かぶ棺」「レモンハート」「ハッピー・バースデイ」の三作が収録されているのですけど、「空に浮かぶ棺」は「らせん」の高野舞が貞子を産むシーン。「レモンハート」は「リング」をさかのぼること30年前の貞子がまだ劇団員だった頃の話し。「ハッピー・バースデイ」は「ループ」の後日談という形ですべての物語が続いています。また3部作を読みたくなってきたぞ。でも長いのとこわくてトイレに行けなくなっちゃうかもしれない(と、かわいこぶってみる)のでなかなか手が伸びないのですけどね。「レモンハート」は「リング0」として仲間由紀恵主演で映画化もされているらしいのでこれも見てみたいですね。でも一人で見るのはこわいかも・・・。

これは角川ホラー文庫で読んだのですけど、ホラー文庫っていうわりに全然こわくなくて、おどろおどろしいシーンもないですしね。夜中一人で読んでも全然トイレにいけるような本でしたよ。それよりはむしろ恋愛小説のような感覚で読んでいました。ただ3部作を読んでいない人にはまったく理解できないところも多々あるのでおすすめしません。逆に3部作が好きな人は是非是非読んだ方がいいと思います。

ちょっと本筋とはずれるのですけど気になったところを。「レモンハート」の中で遠山という男と貞子が恋仲になるのですけど、30年後の遠山がつぶやくシーンがあります。彼は30年前のことを思い出しながら4つの「もし」を自分に問いかけます。

もし、貞子と結婚していたらどうなるか?
もし、地球最後の時がやってくるとしてそのときは誰と一緒に過ごすのか?
もし、もう一度人生をやり直せるなら生活をだれと共にするか?
もし、生涯にたった一度しか女を抱けないとして、その相手はだれか?

なんてことなんですけど、彼はこの問いを通して30年前も今でも貞子を愛していることを再確認するのですけど、僕の場合はこの4つの質問すべてで相手が異なることに気付いてしまいました。これは今まで誰も心から愛したことがなかったってことなんでしょうかね。それとも恋愛と結婚は違うものだから、それぞれ相手が違うのは当然なんでしょうかね、なんてことをホラーを読みながら考えてしまう僕はいかがなもんでしょうか。




posted by kbb at 08:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ サ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。