本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2006年02月21日

ラヴレター-岩井俊二

「ラヴレター」 岩井俊二

ラヴレターおはようございます。

なんだか、最近現実にありそうなお話ばっかり読んでいたので、もっとお話らしいお話を読みたくなって岩井俊二の「ラヴレター」を手に取ってみました。これは岩井俊二の「Love Letter」という映画の小説版です。裏表紙のあらすじには、亡くなった恋人の昔の住所に手紙を出したら返事が来た。そこは国道が通ってしまったせいで、住所が存在しないはずなのに。なんて書いてあるのでわくわくしながら読み始めたんですけど、そのからくりが結構最初の方であきらかにされてしまうので、お話らしさはなくなってしまいました。でも、でもとっても楽しめるお話でしたよ。あるっちゃあるし、ないっちゃないって設定でしたしね。

映画版の方は「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」という作品を見て岩井俊二のことが気になって一度レンタルビデオを借りてきたのですけど、なんだかそのとき見られるような気持ちじゃなくて、一度も再生しないまんま返した記憶があります。こんなに楽しめる物語だったのなら見ておけばよかったなんて今更後悔してみたりして。

この小説は作品のほとんどが手紙の往復でしめられています。フィアンセ、藤井樹を事故でなくした渡辺博子は恋人の3回忌にほんの遊び心で彼の、今はなくなっているはずの中学時代の住所に手紙を書きます。

拝啓 藤井樹様。
お元気ですか?私は元気です。


というだけの文面の手紙から始まるこの物語は・・・。ネタバレしたい!けど、これから読む人のためにネタバレしたくない!という葛藤の中でこの文章を書いています。(´Д⊂グスン
一つだけ言えるのは渡辺博子もすごいかわいいけど、もう一人の女の子の方が僕は好きかなってぐらいかしら。ってそんなこと誰も聞きたくないか・・・。

でも、この作品を読むと、なんだか誰かに手紙を書きたくなるようで、最後の解説では北川悦吏子が、アマゾンのレビュー欄では多くの人たちが手紙文の形で文章を書いています。そんなちょっとした暖かな気持ちにさせてくれる作品でしたね。

それに、出てくる人みんながちょっとした遊び心を持っていて、そんなところも気持ちを軽くさせてくれる作品です。それにさすが、映像をつくっている人だけあって、出てくるシーンを簡単に目に浮かべることができるのもうれしかったですね。昔、藤井樹が通っていた小学校なんかもなんだか見てみたい気がするし、図書室なんかの本の匂いまで伝わってきそうな気がします。

携帯やパソコンのメールのような無機質なものでなく、自分の手で書きあげる手紙に似た暖かさをこの作品は醸し出すことに成功しているのかもしれませんね。今まで一度もラヴレターなんて書いたことがないので、学生時代に一通でも出しておけばその想い出を思い出せたのになんて考えてしまいました。まぁ男子校だったので出す相手もいなかったのですけどね。

Love Letter
posted by kbb at 06:55 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ ア行
この記事へのコメント
一度コメントいれたのが消えちゃいました〜。私はかれこれ20年前にこのビデオをみて感動で、号泣でした。未だに雪の中で叫ぶシーンが鮮やかによみがえります。こう書いてる今でも鳥肌たってくるくだいです。「お元気ですか〜〜〜!!!!私は、私は元気で〜す!」ってもうヤバイ。私、映画ってほとんど見ないんですけど、邦画では「座頭市」くらい一、二を争いますね〜あと高校の授業で見せられた、黒澤明の(有名なのは何も見ていません、ww)確か「夢」っていう映画で、ショートフィルムの、ま短編集みたいな感じで、「こんな夢をみた」から始まる映画で、高校生の私にはとても魅力的でした〜。ラブレター、本でも読んでみたくなりました。kbbさんは表現の才能がかなりおありになると思います、はい。
Posted by はるき at 2006年02月21日 21:17
kbbさん、こんばんは。
映画、観ましたよー!楽しめました。
なんといっても、ワタクシ中山美穂さんが好きなのです^^
ネタバレしないためにこれ以上は書けませんけど
堪能しましたぁ。
ストーリー自体を楽しむには、本の方が面白いかもしれませんね。
Posted by MOW at 2006年02月21日 22:50
はるきさん。
おはようございます。
こっちのコメントの方を残しておきますね。恥ずかしいような、うれしいような言葉が入っていたので(笑)お褒めの言葉ありがとうございます。
そんなにいい映画でしたか・・・。見ておけばよかったですね、やっぱり。
黒澤明の映画見たこと無いのですよ。映画はテレビでやってるのを除けば、ビデオにしても、一人で見ることが滅多にないので見ようと思ってもなかなか見られないんですよね。でも「夢」はなかなかおもしろそうです。今度探してみますね。
本のラヴレターの方も是非一度手にとってくださいね。
Posted by kbb at 2006年02月22日 07:19
MOWさん。
おはようございます。
MOWさんは中山美穂ファンでしたか。そういえば最近見ないですけどどこいっちゃったんですかねぇ。正統派の美人って感じの人でしたよね。映画の中山美穂さんは二人一役だったって聞きましたけど、どっちのほうがよかったのかしら。
それにしても、ネタバレって難しいですよね。どこまで言っていいのやらよくないのやら・・・。
Posted by kbb at 2006年02月22日 07:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13548362
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。