本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2006年04月18日

少年たちの終わらない夜-鷺沢萌

「少年たちの終わらない夜」 鷺沢萌

少年たちの終わらない夜おはようございます。

鷺沢萌の「少年たちの終わらない夜」です。十代最後を迎える若者たちを描いた4編が収録されています。この本を読むともう自分は若くないのだなぁとなんだか実感させられてしまいました。彼らの気持ちの変化を辿っていくことしかできないのだもの。

"ティーンエイジ・サマー"は作者自身の大学時代のことを書いているのかしらって思っちゃいました。なかなか描写が細かくてね(笑)多分、描かれている世界がいわゆるバブルと呼ばれている時代の高校生・大学生のことで、自分はまったくこの時代に生きていないので、なんだか想像を超えてしまって実感することができないのがとても残念でしたね。時代を感じるのはその時代に生きていないととても難しいものね。

世の中にはいつも忙しい忙しいという人が多いですよね。それを自分のアイデンティティかなにかと勘違いしていて、それを言い訳にしている人が多い気がします。そんな人たちの描写が"ティーンエイジ・サマー"にあってなかなか面白かったですね。

忙しいと口に出すこと自体に快感をおぼえているうようでもある。


きっとそういう人たちってのは時間がうまっていないと不安になってしまうのでしょうかね。なにをしていいのかわからないというかね。暇はつくるものだよってそういう人たちのその言葉になんど言ったことかしらって思い出してしまいました。最近はそういう反論をするのもめんどくさくなりつつあるのですけどね。これはきっと僕が大人になったってコトなのかしらね。

今、この文章を書いていてふと思ったのだけれど、忙しいという口実の元にただ単純にふられていただけなのかしら・・・。なんだか空しくなってきたので今日はこの辺で。


posted by kbb at 09:02 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 鷺沢萠
この記事へのコメント
オチが楽しい、いや、kbbさんらしい本日の記事でした。 
「忙しい忙しい」を連発する人、苦手です。
(あなたは忙しくないだろうけどね)と言われているようだし。
まあ、女の子が男の子に言う場合は、やんわりとお断りしているということですよ、kbbさん。 
Posted by tsukiko at 2006年04月19日 22:10
tsukikoさん。
おはようございます。

僕らしいですか・・・。ってことはふられ役がお似合いってことなんですかね(´Д⊂グスン。早くそんなのから脱却したいぞ!!

きっと忙しいって言葉の裏にある「だからしょうがないでしょ」って言葉を求めてみんな使うのかもしれませんね。tsukikoさんだって家事に育児に読書に忙しいじゃないですか〜。むしろ火事に意気地だったりして・・・。
やっぱりお断りされていたんですねぇ。もうちょっとましな断り方をしてくれればいいのにって思っちゃいます。断られても幸せだなぁって思えるようなね。
Posted by kbb at 2006年04月20日 11:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。