本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2006年04月23日

29歳-トゥエンティ・ナイン-藤堂志津子

「29歳-トゥエンティ・ナイン」 藤堂志津子

29歳おはようございます。なんだか久々の更新になってしまいましたね。文章っていつも書いていないと書き方を忘れてしまうものですね。どうやって書けばいいのかなんだかわからなくなってきました。今は昔働いていた職場に短期間だけ復職しているのですけど、時間帯も今と同じ深夜で、今よりも長い時間毎日入っていたのに、毎日のように仕事終わった朝に彼女を学校に送っていきがてらドライブに行ったり、デニーズに行っておしゃべりとかする体力があったのに、今はもうだめですね。仕事終わったらすぐに帰ってすぐに寝たいですもの。たまに勤務時間が短いときとかがあって普段の疲れをとるかのように長い時間寝ると、今度は寝疲れしてしまっていやになっちゃいます。体の芯の方に残るしびれみたいなのは年をとった証拠なのでしょうか。そろそろ30へのカウントダウンがはじまるのでしょうかね。でも職場の店長はまだ小さい子を二人も抱えて母子家庭なのに、毎日12時間以上週七日仕事していますからね。母は強しってことなのでしょうかね。

さてさて、長い愚痴というか、前置きからはじまりましたが、藤堂志津子の「29歳-トゥエンティ・ナイン」です。29歳の女性、多希の物語です。多希はアメリカ留学中の29歳。カリフォルニアのコミュニティカレッジを優秀な成績で卒業し、さらに自分を試したくてカリフォルニア州立大学バークレイ校へ進学します。しかし、しっかりと勉強しなければついていけない環境で恋との両立に悩みます。

帯に「これは愛なのだろうか・・・」って書いてあるのですけど、この本に描かれているのは男女の「愛」ではないと思います。多希はカリフォルニアで領と出会いますが、この男がまたどっかの誰かさんのように最低の男で多希とつきあっていながらもともと好きだった白人女性に言い寄られるとそっちにふらふら行ってみたり、それに飽きると多希に戻ってみたり、振ったはずの多希に返すあてのないお金を借りにきたり、「多希が必要なんだ」と言ってみたり。多希も29歳にもなったのならそんな男だめだろうってことぐらいわかっていてほしかったな。この二人にあるのはむしろ「母性愛」なんじゃないかしらっておもっちゃいました。領は甘えるだけ甘えて多希を傷つける。そして多希はそれを許すって感じでね。それでいて、勉強する時間がないっていいだして、領をとるか勉強をとるかで悩みだしたりして・・・。思わず読みながら「ふーん」って言ってしまうような物語でした。

タイトルからそろそろ30になる女性の心の変化のようなものが描かれているものと思って買ったのですけど、期待はずれでしたね。これを描くなら29歳って設定じゃなくてもいいのじゃないかと思ってしまいました。「藤堂志津子恋愛傑作選」はほんとに傑作揃いだっただけに、残念でしかたありませんでした。

なんだかこの記事を書いていて、ほんとに30がやってくるんだなぁと実感してしまいました。それを意識しはじめたら老けるのも早いのだろうなって思うのですけどね。今切り捨てで20歳って自分で言ってますから30の誕生日に突然10も年をとることになってしまうのが今一番の恐怖ですね。


posted by kbb at 13:32 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | 小説・エッセイ タ行
この記事へのコメント
こんにちは^−^
藤堂志津子の記事をTBさせてもらいました。
こちらの本はイマイチだったのですね・・
確かにあらすじを読む限りでは、
大人の女性という感じはしませんね^−^;;
Posted by izura at 2006年05月06日 00:55
izuraさん。
初めまして。こんばんは。

そうなんですよー。この作品の多希はだめおんなっぷりが表にでてきちゃって、そこまで楽しめなかったんですよ〜。

他にはいい作品がいっぱいあるんですけどねぇ。

TB返しさせていただきますね〜。
Posted by kbb at 2006年05月06日 19:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16937880

藤堂志津子 「あの日、あなたは」 講談社文庫
Excerpt: 藤堂 志津子 あの日、あなたは 前の職場で仲良くしていた先輩がすごく本好きで、 彼女の家に遊びに行った日に本を何冊か自由に選ばせてくれてそれをいただいたことがある。 この本はその時..
Weblog: 無節操ニンゲンのきまま生活
Tracked: 2006-05-06 00:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。