本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2006年05月02日

姫椿-浅田次郎

「姫椿」 浅田次郎

姫椿おはようございます。ご無沙汰しています。時が経つのは早いものですね。最後の更新から一週間経っているようでいやになっちゃいます。最近は仕事が終わる頃には背中が痛くなってきちゃってこれって老化なんでしょうかね。

さてさて、相変わらずのつまらない、本編とはまったく関係のない前置きをしたところで、全然変わっていないなぁと思っていただけたと思いますので本の紹介を。

浅田次郎の「姫椿」です。八編の短編が収められています。「鉄道員」「天国までの百マイル」なんかでおもいっきり泣かせてもらったので今作でも、と思って読み始めたのですけど今作ではボロボロと泣けるというよりかはほのぼのとさせてもらえる作品ばかりでしたね。

社内で肩たたきにあった男二人のお話、”トラブルメーカー”と競馬が取り持つ人と人のつながりを描いた"永遠の縁”が収録作の中でも好きでしたね。どちらも結構ラストはこじつけというかつくりすぎだろうって思わなくもないですけど、それもまたいいでしょうって感じでした。

"シエ”という作品に人の不幸を食べて生き続ける伝説上の動物がでてくるのですけど、とあるペットショップでシエと出会ったスーちゃんはシエを飼うことに決めた。食べ物を取らずに心配していたが、シエに愚痴ともつかない自分の話をしているだけで満足そうに眠るシエを見て、毎日のように自分の生い立ちをかたりはじめる。ってなあらすじなんですけど、そのシエが言うのです。

スーちゃんは、幸せは淋しくないことだって言ったよね。あの一言はとてもおいしかった。ほんとうの不幸の味がした。


淋しくないことは幸せだって僕も思っているのですけど、これって誰でも思うことなんじゃないかしらっておもっちゃいました。それをほんとうの不幸だなんて言われちゃって、ちょっと悲しくなっています。ってことはみんな淋しさを感じていないってことなんですかね。

"再会”にこれはってうまい言葉があったのでご紹介。

女の恋は流れ去るけど、男の恋は積み重なるものさ。水と、雪のちがいだね。


なんだかうまい言葉ですねぇ。「女性は新しい恋をするとファイルを上書き保存するけど、男は新規作成する」ってのに匹敵する言葉だと思いました。表面上はそうだけれど、実は女性は隠しフォルダにファイルを残しているって噂もありますけどね。僕と今までつきあった女性たちはちゃんと僕のことを残していてくれるんでしょうかね。それとももうゴミ箱の中にすらないのでしょうかねってちょっと感傷にひたってしまいました。っていつものことですね。


posted by kbb at 08:38 | 東京 🌁 | Comment(7) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ ア行
この記事へのコメント
隠しフォルダがどこにあったのか行方不明になってそのうち「ま、いっか!」と忘れてしまうtsukikoです、こんばんは。 とkbbさんふうに語ってみました。 
この「シエ」というお話、興味わきました。
今日もどっさり本を仕入れてきたのに、 kbbさんやMOWさんや他の方の記事を読むと、むらむらと読みたくなり時間がいくらあっても足りません。 kbbさんもお仕事でお疲れのようですが、 更新があると嬉しいですよ、 がんばってください(ほどほどに)。 
Posted by tsukiko at 2006年05月03日 01:59
tsukikoさん。
おはようございます。←これで生活が狂ってるのがばれてしまうな(笑)
そういってもらえてほんとにうれしいです。ありがとうございます。なんだか時間がとれないというよりは精神的に余裕がないからなんでしょうけど、なかなか本が読み進められないんですよね。布団にはいって本をひろげても全然文章が頭に入ってこなかったりしてね。でもがんばって更新しようと思っています。
「シエ」はほんとは漢字なんですけど、変換できないというか、多分浅田次郎の創作なんだと思うのでカタカナにしました。けものへんに解で「シエ」でした。是非是非読んで見てくださいね。
「ま、いっか!」と意識的に忘れているうちはまだまだ若いのでいいですけど、そのうちにいつのまにか忘れていたってことにならないようにしっかりと脳トレーニングに励んでくださいね。
Posted by kbb at 2006年05月03日 15:45
突然申し訳ありません。
ブログサーチ&コミュニティ【ぶろぐひろば】です。
http://bloghiroba.com/blog/
貴サイト様を拝見し、是非当サイトにご参加いただきたいと思いコメントさせていただきました。
できたばかりのサイトですが、皆様のアクセスアップの少しはお役に立てるよう努めてまいりますので、ご参加をご検討くださいませ
Posted by ぶろぐひろば at 2006年05月09日 12:01
picopicopico.
テレパシー送ってますよ。
届いてますか?
Posted by tsukiko at 2006年05月16日 21:44
tsukikoさん。
おはようございます。

pipipi
着信音はずっと聞こえているのですけど、携帯が見当たらないという夢を見ているという感じです。
今は柳美里の「ルージュ」を読んでいるのですけど、もうかれこれ二週間もこの本にかかりっきりです。どんなにつまらない本でも途中でやめることができないのですよ。一回おいちゃうともう読まない気がしちゃうので・・・。
あと数ページというところで今は止まっています。これが読めれば・・・。って感じです。
tsukikoさんからコメントが届いています。のメールをみたときに、もっと厳しいことを言われることを覚悟してどきどきしながら開いたのにこんな言葉でとっても安心しました。ありがと。
Posted by kbb at 2006年05月17日 17:27
piopico.
いつまでだって気長に微弱に送ってます〜。pipi.
Posted by tsukiko at 2006年05月17日 23:44
tsukikoさん。
こんにちは。

微弱になんておっしゃらずに強いのをお願い。もっと〜もっと〜。

ってなんだか別のシーンを想像してしまいました。ごめんなさい。

ちゃんと受信しましたよ〜。最近頭の中の受信機を機種変更したのでちょっと使い方がわからないですけど、ちゃんと確認はしていますので安心してくださいね。
Posted by kbb at 2006年05月18日 17:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。