本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2006年05月18日

ROUGE-ルージュ-柳美里

「ROUGE-ルージュ」 柳美里

ルージュども。ご無沙汰です。最近ご無沙汰って挨拶ばっかりしていますね。面目ないです。とりあえず生きています。本も読めてないですけど、常に手に届くところにはおいてありますよ。

前回の記事の本「姫椿」の読後に読み始めた柳美里の「ルージュ」をやっと読み終わりました。考えてみると二週間以上かかってるんですね・・・。途中で何度おきたくなったことかわからないぐらいでした。帯に

「わたし、ほしいものがないんです」


って書いてあって、共感できるかしらなんて思いながら読み始めたんですけど、まったく共感できませんでしたね。著者初のシンデレラストーリーらしいですけど、なんだかシンデレラストーリーはこういうストーリーになってこういう終わり方をするんだよとシナリオ教室の教科書に書かれているような物語でしたね。シナリオ教室の教科書を読んだことがないけれど・・・。

でも、やっぱり作家だけあって、ところどころの「言葉」はうーんと考えさせられてしまうものが多かったですね。

「話しあいっていうのは、意思表示をしあうことだと思うの。...状況ではなく意志を表示して」


とかね。ふむふむなんて思いながらも一日数ページずつやっと最後までたどり着きました。

まぁ物語としては、あるなんでもない女の子がいきなり口紅のモデルに大抜擢されて、最初は躊躇するのだけれど、だんだんと周りに翻弄されながら成長していくって感じですね。恋愛もあり、成長もありと福袋のような作品でした。

でもね、その成長する設定がありえないぐらいのシンデレラぶりで、今時これを成功だとみなす女の子のほうが少ないのじゃないかしらと、読みながら苦笑してしまうような設定でした。

主人公の里彩(りさ)は化粧がきらいな女の子なのだけれど、それが口紅のモデルに大抜擢される。そこのところがなかなかおもしろい設定になるはずだったけど、ちょっと失敗しちゃったって感じですね。素顔はおどろくほど素敵だけれど、化粧をするとまったくちがった魅力をみせる女の子、を描くのにもうまくいっていない気がしますしね。

でも、里彩が化粧に違和感をかんじたり、嫌いな理由を説明する場面はなかなか興味深く読みましたよ。化粧なんてしたこともないし、化粧をする女性の心なんて想像もできないですからね。はじめてアイラインをひいたときに鏡を見て見慣れている自分と全然違うものを鏡の中にみつけて、すぐにそのアイラインをおとしてしまったなんて描写は思い描くことはできないですもの。女性のみなさん、どうなんですか?そういうことってありましたか?もうずいぶん昔のことだとは思うけれど思い出してみてください。

とまぁ、久しぶりの更新でこんな辛口の記事になってしまっていいのかしらね。女の子の好みの話しをしているときに、「やっぱり素顔がきれいな子がいいね、化粧も最低限の自然なのがいい」、なんて言うと女性陣に「ナチュラルメイクはホントは厚化粧なのに騙されているんだねぇ」、なんて言われてしまうような僕がこんな感想を書いちゃだめですねぇ。

宿題としてバトンを二つ頂いていて、それのテレパシーがびしばしと頭に直撃しているので、早くやらねばと思いつつ、今月はあと何回書けるかしらと心配になっております。まぁ今月の二十五日に仕事のちょっとしたやまがあって、それを乗り越えればだいぶ体は楽になるだろうなって思っています。

では、ではまたで会える日まで〜。っていろんなところにコメントは残させていただきますのでどうか邪険に扱わないでくださいね。ではでは〜。


posted by kbb at 17:19 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ ヤ行
この記事へのコメント
久しぶりにこちらのレビューが読めてとてもうれしいです。いつも小説の楽しさ、光る個性のようなものを教えていただいてわくわくしています。また楽しみにしていますね。
Posted by MEMORIZERS管理人 at 2006年05月19日 06:51
MEMORIZERS管理人さん。
こんにちは。

正直言ってとってもびっくりしています。ブログのポータルサイト?をされている方にそんな風にコメントをいただけるなんて・・・。今まで失礼な対応とかあったらどうかお許しを。

そうやって言っていただけるとできるときだけでも更新しようと思います。どうもありがとうございます。
更新が遅くなってしまってもどうか見捨てないでください。
Posted by kbb at 2006年05月20日 16:11
うちは零細サイトですから。こちらの方こそ恐縮してしまいます(笑)
管理人は個人的コメントを余りいれるべきじゃないとは思うんですけども、久しぶりに読ませて頂いてとてもうれしかったので、つい(笑)

お忙しい中で文を書くというのは大変なことだと思いますが、ひと月にいっぺんでも、半年にいっぺんでも、ワクワクして読んでいらっしゃる方は私の他にもたくさんいらっしゃると思います。ので、ご自分のペースですてきな文章を続けて下さいね。
Posted by MEMORIZERS管理人(alamal) at 2006年05月20日 18:13
alamalさん。でいいのかしら?
こんにちは。

管理人さんだろうと、どんなひとであろうと、やはりコメントをいただけるのはうれしいものです。ほんとうにありがたい言葉をありがとうございます。

忙しいということをいいわけにはしたくないので、更新をしたいのですけど、どうしてもせいしんてきに疲れがたまってしまって・・・。申し訳なく思っています。自分のペースでやっていこうと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。
Posted by kbb at 2006年05月21日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17980137
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。