本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2006年05月30日

雨やどり-半村良

「雨やどり」 半村良

雨やどり一週間ぶりのお休みで久しぶりに目覚ましをかけないで寝られると思ったら、寝過ぎて体がだるすぎるkbbです。こんにちは。やすみの次の日が一番からだが疲れている気がするのは気のせいなのでしょうかね。

さて、半村良の「雨やどり」です。この作品で直木賞を受賞しているようですね。以前「たそがれ酒場」を読んだときに、これを読もうと決めてから早いものでもう5ヶ月ですね。時が経つのは早いもので思ったらすぐ行動しないとすぐに忘れてしまいますね。それは老化だろうってつっこみはなしの方向でお願いします。

さて、作品の方はと言うとバー「るヰ」のマスター仙田をとりまく、夜の新宿を舞台としております。八つの短編が収録されていますけど、連作短編というかどっかしらに仙田がでてきます。

自分が飲食店で働いているからなのか、この作品で語られている、客として居心地のいい場所なんかはとっても参考になりますね。なんだかこの本を読んでいると水商売も楽しそうだぞと思わされちゃうから不思議です。でも夜働くのはそれはそれで大変なんですけどね。

表題作の"雨やどり"では、ずっと独身を通してきた仙田にとうとう女ができた、というお話です。ドシャブリの通り雨の振る午後に仙田のマンションの軒下で雨やどりをしていた美女。その子と過ごすうちに仙田自身の心にも変化がやってきて・・・・。

ってお話なんですけど、結局雨やどりで終わっちゃうってお話です。なんだかとってもせつなかったですね。仙田がその子に指輪を贈るシーンがあるのですけど、

一日でも早くその指を自分の指輪で占領してしまいたかった。


なんて描写があるんですけど、わかるなぁなんて独り言をいいながら読んでしまいました。

最近は前をむいて生きることを目標にしているのですけど、こんな素敵なkbbさんに指を占領されたいっていうかわいい女の子はいないですかねぇ。でも10本の指は高くつきそうなので、勘弁してくださいね。一本だけで十分ですよ。
posted by kbb at 17:40 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ ハ行
この記事へのコメント
kbbさん、お疲れですね。
ワタクシ読まないときは全く読まないんですけれど、だるくても記事をUPしてしまうkbbさんに幸アレッ!と思ってしまいました。^^
「雨やどり」も「たそがれ酒場」もタイトルからして切なそうな響きですね。半村さんのお名前はよく見かけるので、気になるところですっ。
Posted by MOW at 2006年05月30日 19:32
ご無沙汰しております。

この度、300作目の小説をUPしました。何とか、毎日一作UPの目標は達成出来ていますが、最近はネタ切れによるマンネリ化の傾向があります。

それでも、もしまたお出で頂ければ幸いです。
Posted by たかおじさん at 2006年05月31日 02:46
MOWさん。
こんばんは。

お返事遅くなってごめんなさいね。
本は読んでいるのですけど、記事にできないのですよ。毎日更新してるMOWさん素敵です。パソコンの前に坐ると眠気が襲ってきて、それでも書こうとすると文章が浮かばない・・・。毎日書いていないと書き方すら忘れてしまうのかもしれませんね。紹介したい本がたまっているので、早く書きたいよ〜。

半村良は戦国自衛隊が一番有名?なのかしら。映画も見たこと無いですけど、なかなかおもしろそうですしね。

たかおじさんさん。
こんばんは。

300作なんてすごいですね〜。
遊びに行きますね〜。
Posted by kbb at 2006年06月03日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18599675
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。