本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2006年06月07日

あなたと、どこかへ。-アンソロジー

「あなたと、どこかへ。」 吉田修一 角田光代 石田衣良 甘糟りり子 林望 谷村志穂 片岡義男 川上弘美

あなたと、どこかへ今日やっと車の免許をとった。あの子には教習所に通っていたのは内緒だった。昨日の電話で僕は首尾よく彼女を誘い出すことに成功した。彼女とは出会ってまだ一ヶ月。まだそこまでの関係にはなっていないけれど、彼女も僕のことを悪くは思っていないはず。彼女の笑顔がまぶしくて、彼女の顔をじっくりと見ることがなかなかできないけれど、彼女の笑顔を見るためならなんでもしてあげたいなんて思っちゃうんだなぁ。

親父の車を借りだして彼女との待ち合わせの場所にむかう。彼女をびっくりさせたくて車でくるのを内緒にするためにわざわざ車を止めにくい駅で待ち合わせする。小走りでやってくる彼女に軽く手を振る。車の鍵はまだポケットの中だ。相変わらずのまぶしい笑顔で「どこに行くの?」という彼女を無視して、駅とは反対の方に歩き出す。ちょっとためらった末に何も言わない僕に早足でついてくる彼女。

「ん?いつ免許とったの?」という彼女の質問に、短く
「今日」と答える。

ちょっとびっくりした彼女に
「ドライブしようよ」という僕。

彼女はいつものように困った笑顔を浮かべながらこわごわとうなずく。「大丈夫」と自分と彼女に言い聞かせながらエンジンをかける。アクセルを軽くふかすとなかなかいい音がする。今日のデートはおれにまかせとけというかのように。

この日のために彼女が好きそうな音楽を編集したテープをかける。興味深そうにいろんなボタンを押していた彼女だったけど、車が走り出すとやっぱり緊張して助手席のシートに背筋を伸ばして深く座り直す。

急カーブで隣の車線に大型トレーラーがいて、ちょっと彼女を怖がらせてしまった。「キャーッ」なんて大きな声をだしている。ジェットコースターにでも乗っているかのように彼女は少しだけ顔を火照らせている。まずいなぁなんて思いつつも晴海埠頭にむかう。

免許をとったら最初に来ようと決めていた場所。海と船とレインボーブリッジと東京タワーが一つの画面の中に収まるこの素敵な場所。

なんて、初めてのドライブの時のことを思い出してしまいました。というのも、素敵な本を読んだせいですね。それにしても、今思えばこんなデートいやですねぇ。こわかっただろうな・・・。

日産のティアナという車のスペシャルサイトで連載?されていた短編小説を集めたアンソロジーです。いやぁ、執筆陣が豪華ですねぇ。さすがお金のあるところは違うなぁなんてうがった見方をしてしまいましたけど、さすがこれだけの作家をあつめるといいものができるなぁなんて感じです。

この作品集のテーマはドライブです。8人の作家がドライブをテーマにそれぞれの個性的な文章を描いています。一人のドライブや、恋人とのデート、若い夫婦や何年も連れ添った夫婦などなど、様々な人間関係を運ぶ車内をうまく描いています。ほろっとさせられたり、わくわくさせられたり、ハッとさせられたり、なかなか感情の動きが激しくなってしまいました。角田光代も石田衣良も甘糟りり子も谷村志穂も林望も片岡義男も川上弘美もどれもよかった。でも、なんといってもこの作品集の中では吉田修一がダントツによかったです。

吉田修一の作品で初めて手に取ったのは「パークライフ」。そのときは、こんなもんかぁなんて思ってしまいましたけど、一気に評価を変えてしまいました。すぐにでも彼の別の作品を読んでみなくっちゃって思っちゃいましたよ。

時間の捉え方がなんだか違う夫婦。「焦っても一分。のんびりしてても一分は一分なのよ。」という妻ののんびりとしたところにいらいらしたり、ついていけないなと思ってしまう。そして、妻のペースに合わせていると身が持たないと思い、自分のペースで休日を過ごすことを決める。かといって、二人の仲が悪いわけでもなく、なんとなくうまくいく。そしてある休日。毎週の恒例となっているドライブに彼女がついてくるという。その車内で彼女の口から出た言葉は・・・。

なんてお話なんですけどね。誰かとつきあうってこういうことだったなぁなんて思わせてくれるお話でした。自分とペースの違う人間と一緒にいて、それにいらいらしたり、でもそのペースがある瞬間にぴったりと重なったときに一人のときよりも喜びや悲しみが倍増する。そんなこと忘れていましたよ。

この作品、最後は「ふふふ」なんて思わず笑みがこぼれちゃうようなお話でしたよ。彼女の口からでる言葉はなんなんでしょうね。ヒントは「天秤座」らしいですよ。

なんだかドライブに行きたくなってきました。次のお休みはあの子を誘って海でも見に行ってこようかしらなんて思っているのですけど、車も行き先もあるのに、あの子がいない僕はどうすればいいんでしょうかね。

posted by kbb at 14:53 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | アンソロジー
この記事へのコメント
kbbさん、こんにちはです。
初ドライブデートの話だったんですねぇ。とっても続きが気になる雰囲気で終わってしまったので残念です…
でもこのアンソロジーを読んでみれば、いろんなドライブが楽しめるってことですね。
そういえば最近ドライブいってないなぁ、なんて寂しい現実に気付いてしまいました。^^
Posted by MOW at 2006年06月08日 11:07
MOWさん。こんにちは。

初めてのドライブが免許を取った初日って話しだったんですけど、長くなりそうになっちゃって、えいやって終わらせちゃいました・・・。今読み返してみなくても中途半端ですねぇ。ごめんなさい。

いろんなドライブが楽しめて、自分も行きたくなるような、車のCMにぴったりのアンソロジーでしたよ〜。

最近行ってないだなんて、そんな淋しいこといわないでくださーい。寂しい現実を抱えるもの同士仲良くしましょう〜。ってそんな仲間意識いやですね(笑)
Posted by kbb at 2006年06月08日 16:45
すごい!すごい!
読書ブログあったんだね^^

おもしろい☆

読んでてすごく楽しいよ。
本読みたくなる〜
Posted by モンスターズ・インク at 2006年06月15日 01:52
モンスターズ・インク。
こんにちは。

見つかっちゃった、うふふ♪ (* ̄ー ̄)v
って、別に隠していたわけじゃないよ(笑)

ほめていただいてうれしいよ。

また遊びにきてね〜。
Posted by kbb at 2006年06月15日 17:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。