本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年01月22日

ハードボイルド・エッグ-荻原浩

「ハードボイルド・エッグ 荻原浩

ハードボイルド・エッグ こんばんは。みなさんの今の自分は昔想像していた自分と一緒ですかー?難しいですよね。そういう違いを受け入れるのが大人になるってことなんでしょうかね。

そんな探偵さんが主役の物語が「ハードボイルド・エッグ」です。MOWさんのところで運命的な偶然を感じてしまった作品です(大げさすぎました、ごめんなさい(笑))。

フィリップ・マーロウに憧れて探偵稼業をはじめてみたものの、殺人事件などの華やかな仕事はやってこない。来る仕事といえば猫やアルマジロ(イグアナでしたっけ)の捜索ばかり。それでも人間は食っていかなければならないということで、ペットの捜索にも「他人より損をしろ」というマーロウの教えを忠実に守りながら生きている。全然ハードじゃないのに、

     「ハードでなくては生きていけない。優しくなければ生きる資格がない」

なんて言葉を大切にしたりね。

まずはダイナマイトボディの秘書を雇うところからはじめてみようと、雇った秘書とのコンビがなかなか素敵でした。そういう風に環境から変えてみるのは何事にも大切ですよね。そしてそれに応募してきた秘書なんですけど、こんな秘書ならいつまでもそばにおいておけばいいのにって思ったんですけど、他人事だからこういえるんでしょうね。

ところで、先日テレビの番組でペット探偵をされている方の月収の調査をしていて、そのインタビューに答えた人によると、月収100-150万は稼げるみたいですよ。殺人事件で死体を見て胃液をはいたりするよりは全然いい仕事におもえちゃったのは私だけでしょうかね。そりゃスーツの汚れを気にすることもなく犬の視線になるために地面をはいつくばれるわけだ、なんてその番組をみて納得しちゃいました。

僕はマーロウの名前を聞いたことはあっても、手に取ったことはなかったんですよね。この作品を読む限り、一度読んでみたいっておもったんですけど、どうなんでしょうかね。翻訳調すぎたりしないか心配なんですけどね。マーロウ哲学の魅力の方が勝てますかね。損した気分にならないためにブックオフに行ってさがしてみようっと。


posted by kbb at 03:49 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(5) | 荻原浩
この記事へのコメント
はじめまして。
コメントとTBありがとうございました。
助手席で正座してる秘書。
かわいらしくて大好きでした。

ペット探偵って意外と高収入なんですね。
驚きました!
Posted by なな at 2008年01月22日 21:55
ななさん。

ご訪問ありがとうございます。

ペット探偵の収入にはびっくりですよね。
思わずやります!って手を挙げそうになっちゃいました(笑)

今後ともどうぞよろしくお願いします。
Posted by kbb at 2008年01月23日 04:33
記事中にてご紹介賜りました、MOWと申します。
お遅うございます。(コメントへの返事が(汗))

ペット探偵の収入がそんなに良かっただなんて!
もしもの時の転職先は、探偵事務所にしようと思います。
今からナイスなボディ目指して頑張る所存ですよ!
あ、そんなことしなくても魅力的な女性の写真を
履歴書同封用に集めておけばいいのか…。

Posted by MOW at 2008年01月24日 17:02
MOWさん。こんばんは。

いい収入ですよね。
MOWさんがペット探偵になったらうちの犬が行方不明になったときにはお願いしますね。
ナイスボディになるには、もうおそ(略

いえいえ、なんにも言ってないですよ。素敵な女性の写真いっぱい集めてくださいね!

でもこんなはやとちりの探偵さんばっかりならいいんですけど(笑)
Posted by kbb at 2008年01月24日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック

萩原浩【ハードボイルド・エッグ】
Excerpt: 小説に登場する探偵たちはカッコいい。美人の秘書を従え、警察がお手上げの難事件を見事に解決する。ルックス的には弱いと思われる金田一耕...
Weblog: ぱんどらの本箱
Tracked: 2008-01-22 11:09

ハードボイルド・エッグ*荻原浩
Excerpt: ハードボイルド・エッグ(1999/10)荻原 浩商品詳細を見る 中学の頃にフィリップ・マーロウのようなクールな探偵になることを心に決め、とうとう...
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2008-01-22 20:06

「ハードボイルドエッグ」荻原浩
Excerpt: ハードボイルド・エッグ 荻原 浩 フィリップ・マーロウにあこがれ私立探偵になってみたものの、舞い込んでくるのは、ペットを探してくれという依頼ばかり。マーロウを気取った発言や行動もことごとく..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2008-01-22 21:46

『ハードボイルド・エッグ』荻原浩
Excerpt: ♪♪ 先日発覚した、荻原さんは#昔の方が好みかも? とゆー事実をキチント把握した上で選んでみました。 こんなワタクシでも日々学習しているのかと思うと、 とっても感慨深いですね。( ̄∀ ̄*)アハ。 て..
Weblog: M's BOOKcaSe
Tracked: 2008-01-24 16:56

『ハードボイルド・エッグ』 荻原浩
Excerpt: 『ハードボイルド・エッグ』著:荻原浩フィリップ・マーロウに憧れ、探偵業を営む主人公。しかし、舞い込む依頼は動物探しばかり。仕事が冴えないのは、ベッドの中でも優秀な、ダイナマイト・ボディの秘書がいないか..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2008-03-23 13:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。