本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年02月16日

不良少女-樋口有介

「不良少女」 樋口有介

不良少女こんばんは。バレンタインデーはいかがおすごしでしたか?会社帰りに街を歩いていたら、チョコを渡し終えて幸せを感じている子か、これから彼にチョコを渡せることに幸せを感じている人しか見当たりませんでした。朝、電車の中で誰もがもっていた紙袋と引き替えに、みんなが幸せを手に入れていたみたいですね。こういった日はみんなが幸せそうな笑顔をしていて、誰もがかわいくみえますね。紙袋も持たずにまわりを見回してにやにやしていた人がいたらそれは僕ですけど、怪しい人だと思わないでくださいね。

でも、こうやってみんな幸せそうなんて思ってるのは実は僕だけで、女の子たちは義理チョコや世話チョコにめんどくささしか感じていないのかもしれないですね。

さて、今日の作品も本が好き!サイトから献本された本です。昨日の「誰もわたしを愛さない」のシリーズものです。かといって、前回のとお話しが繋がっているわけではなく、今回のは短篇集です。

フリーライターの柚木草平がお金に困ってアルバイトの探偵をするわけですが、その時の事件が短いお話しにまとめられています。ただ字数の制限からか、話しが途中で終わっていたり、長編の書き出しのような感じで終わっているのが多く、残念でした。特に表題作"不良少女"なんて、まだ話しがはじまってないよってところで終わってしまって、あっけにとられてしまいました。

"スペインの海"にでてくる自称エスコート業、実際は高級売春をしている多佳子は素敵な女性でしたけどね。こういった人とならお金払ってでもデートしたくなるんだろうなって思いました。素敵な女性が多くて、樋口有介の作品を読んでいるときの僕はきっと鼻の下伸ばしているんでしょうね。

ただ、今回も柚木草平のかっこいい言葉はそこここにちりばめられていて素敵でしたねぇ。こういう言葉がすぐにでてくるところが、モテル秘訣なんでしょうね。

街を歩きながらまわりを見渡しているだけでなく、そういった素敵な言葉を覚えることにします。って覚えたところでシャイでナイーブでうぶな男の子の僕には使うことはできないんでしょうけどね。




不良少女
Amazonで購入
書評/ミステリ・サスペンス



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 20:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 樋口有介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/84312446

ハンニバル・ライジング スタンダード・エ
Excerpt: ふーん、そうだったのか。と言うだけの話。幕切れがあっさりしすぎていて、ラス前の苦悩は何だったのと小一時間。次はおばあちゃんになったムラサキさんが出てくる話ですかね。やはり博士は”羊”が最強と再認識させ..
Weblog: サスペンスの感動
Tracked: 2008-02-18 08:07

不良少女
Excerpt:  以前このブログで樋口有介の「誰もわたしを愛さない」を紹介したが、かなり面白かったので、同じ「柚木草平シリーズ」の第7段に当たる「不良少女」(東京創元社)を「本が好き!プロジェクト」から献本していただ..
Weblog: 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
Tracked: 2008-10-04 12:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。