本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年02月28日

ウフ二月号-雑誌

「ウフ二月号」 雑誌

ウフどうも、こんばんは。

普段雑誌というものはほとんど買うことがなく、立ち読みは足がつかれるのがいやなので、R25ぐらしか読んでいないんですけど、本が好き!で「ウフ」という文芸雑誌?を献本してくれるというので、申し込んでみました。

だいたいが小説は本で読みたいタチで連載小説を一ヶ月も待っているなんて我慢のきかない男なので買ったことはないのですけど、情報誌という観点でみたらなかなかおもしろいかもしれないですね。新刊案内があったり、書評があったり、もちろん小説だけでなく、エッセイも収録されているので、連載を途中から読むようなことをしないでも、十分読み応えのある雑誌でした。

まぁでも連載小説を途中から読むなんてことはしたくないので、小説のところは飛ばしてしまいましたけどね。

見開きのところで宮崎あおいのエッセイが載っていて、幼稚園のころに初めてバレンタインデーのチョコをあげた男の子に嫉妬してみたり、最初のページに、川上弘美「真鶴」の書評なんかがのっていて、プロの書評家はこういう書評を書くんだなぁなんて感心してみたり、素敵な出会いでした。

この後の号も献本をいただいているので、他の楽しみ方もさがしてみますね。




ウフ.2007年2月号
Amazonで購入
書評/国内純文学


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。


posted by kbb at 21:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンソロジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。