本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年03月10日

死体を買う男-歌野晶午

「死体を買う男」 歌野晶午

死体を買う男おはようございます。昨日はだいぶ楽になったと書きましたが、なんだかインフルエンザにかかっていたようです。午後から病院に行って来ますが、インフルエンザなんてかかった記憶がないので、びくびくしながらわくわく、と思うのは少し不謹慎かもしれませんね。

結局週末は本をほとんど読むことができませんでした。のどは痛いわ、変な汗がでてくるわでじっとしているのも辛くてうつらうつらしていました。ハードカバーは重くて満員電車の中で開くのが辛いので週末に家で読むことにしているんですけど、週に二日しかない休日が潰れてしまうとどんどんハードカバーが貯まっていってしまいますね。ただでさえ積ん読がいっぱいあるのに・・・。

さて、先週読み終わっていながらまだ記事にしていなかったのがこの作品。「死体を買う男」です。最近マイブームの歌野晶午ですよ。なんか最近気付いたんですけど、僕のブログってア行の名前をもつ作家さんが多くないですか?ブックオフとかでア行から順番にみていって、ハ行ぐらいまで来るといっぱい本を持ちすぎていて疲れちゃうからなんでしょうかね。

閑話休題

というわけで、江戸川乱歩の未発表作品が発見された!?というところから物語ははじまるのですが、その作品と地の文が交互にでてくる作中作という趣向がこらしてあります。江戸川乱歩と荻原朔太郎が謎解きをするというのも不思議な感じがしますね。

まぁ江戸川乱歩などの作品を好きな人はそういった観点からも楽しめる作品なのかもしれないですけど、江戸川乱歩作品を読んだことがない人でも二重三重のどんでん返しに驚かせてもらえる作品になっていますよ。

歌野晶午は「葉桜の季節に君を想うということ」をハードカバーでもっているので週末に読みたかったんですけど、また来週以降になっちゃいそうですね。はやく片づけて本屋さんにいきたかったのにぃ。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 14:13 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 歌野晶午
この記事へのコメント
こんばんはです。
満員電車でハードカバーは大変ですよね。
個人的には文庫よりも好きなんですが、
週末限定になっちゃうのも分かります。( ̄∀ ̄*)

てっきり風邪かと思ったら…。病院はどうでしたか?
このコメントに気付かないくらい、ゆっくり休んでくれたら安心&嬉しいです。
お大事に!
Posted by MOW at 2008年03月10日 19:47
MOWさん。こんにちは。

運動不足のせいか、ハードカバーを電車の中で読むと、電車を降りる頃には二の腕の辺りがプルプルとしちゃって痛いんですよねぇ。筋肉痛がそれだけ早く来るってことは若い証拠ってことですよね!?(笑)

病院行ってきました。インフルエンザだろうけど、発症後48時間経っているのでインフルエンザ用のクスリは出せないとのことでした。三日間は外出禁止とのお達しがでてしまいました。大分体はよくなっているんですけどね。のどが痛いのをどうにかしてほしい・・・・。

ご心配おかけしてどうもすみませんでした。16時間ぐらいこのコメントに気付かないぐらい休んでいました。
MOWさんのコメントで大分元気になれました。ありがとうございます!
Posted by kbb at 2008年03月11日 12:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/89018750
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。