本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年03月17日

ベリーショート-谷村志穂

「ベリーショート」 谷村志穂

ベリーショートおはようございます。なんだかとても楽しい夢を見ました。とっても視点の入れ替わりの激しい夢でした。自分は甲子園を湧かせてプロ入りを果たしたスーパースター。開幕前のオープン戦でも見事な仕上がりをみせて開幕一軍入りは決定済み。今日は埼玉にある球場で開幕前のオールスター大運動会の日。といっても、経費節減とスケジュールを調整しやすいとの理由から、四球団ずつの三部制になっています。今も甲子園でのライバルと同じ種目にでて投げ勝ってきました。

次になったのが、その運動会をスタンドからみているしがないおじさん。しかも、片手間にその運動会の模様を眺めています。何をしているかっていうと、文房具屋さんに売っているような製本テープでもって、背表紙をとめて冊子というか、本のようなものを作っています。しかも何冊も何冊も。そしてたまに思い出したかのように去年の甲子園をわかせたスーパースターに声援を送っていました。

そしてまた野球選手になりました。今度はベンチに座って目の前で繰り広げられている運動会の様子を放送しているテレビをビールを飲みながら見ています。そこではタモリが司会をしていて、女子アナが選手が打った球を追っかけています。滑りやすいビニールシートの上を走っていて、ご丁寧に空から雨のような水をホースで降らされています。滑ったり転んだりしながら一生懸命打球を追う姿を周りのみんなで大笑いしながら見ているシーンです。そんなのを見ながら膀胱にたまったビールを我慢できなくなり、隣に座った先輩に、「ちょっとトイレいってきまっす。」といったところで目が覚めました。

うーん。この夢は何を暗示しているんでしょうかね。野球なんて甲子園を目指すどころか学生時代を通してやったこともありませんしね。でも松坂などの野球選手をみていると、甲子園を目指して努力するというのはきっとすばらしい体験なんだろうなぁって想像することはありますけどね。仲間がいて、結果を出すためだけに三年間を費やす。毎日毎日気の遠くなるような練習をして、それでも届かない人もいるのに、その人たちに打ち勝って手に入れるもの。それにしても夢の中の彼は本当に楽しそうでした。それに引き替え製本テープで本をつくっているおじさんはなんだったんでしょうかね。製本テープで本をつくったこともないんですけど、なんだかこっちの方が僕を表しているような気もしますけどね(笑)

さて、高校生が主役、といっても甲子園を湧かすようなスーパースターはでてきません。毎朝の電車の中にいるようなどこにでもいる高校生のお話がぎっしりつまった谷村志穂の短篇集です。高校生の心の動きが短いお話の中にちりばめられています。短すぎるという難しさの中に彼女の文章のうまさが出ている気がします。

それにしてもこれだけ、高校生だけを描くって言うのも難しそうですね。そう思うのはちゃんと高校にいっていなかったからそう思うんでしょうかね。高校生には毎日毎日冒険が待っているのかもしれませんね。高校も行かず毎日バイトに明け暮れていた僕には学校で出会う冒険にはあまり魅力を感じられなかったんですもの。というものの、男子校に行ってしまったのが間違いだったかもしれませんね。

先日も男子校出身という友人と、子どもを男子校に行かせたいか、ということについて話していたときに思ったんですけど、高校生という人間が一番成長する時間に男だけで過ごすって言うのは一生を損する気がします。だって、体に変化があらわれてそれにつれて羞恥心や恥じらいといった女性特有の心を獲得しはじめた女性の日常にみられる小さな仕草を見たことがなく、それを表現する言葉を持つことができなかったなんて、一生の損ですよね。男性を知った女性が外見的に、内面的にどう変化するのかなんてこの頃でしか知り得ないですものね。どんなに逆立ちしたってそれを獲得することはもうできないのだから。もし一回だけでも昔の自分にアドバイスする機会が与えられたなら僕は、男子校にだけは絶対に行くなと、脅しにいきたい。

とまぁ、そんな心も体も大きく変化する高校生を描いている短篇集なのですが、"いつもいい匂いのした女"の中で女の子に素敵なアドバイスをしてくれています。

いつもいつもいい匂いをさせて、洋服にはアイロンがきちっとあたっていて、髪の毛がきれいだったら、男の子の八十五パーセントは、あなたのことを振り返るわ。男の子なんてそんなもの。でもね、そこからなのよ。だからといって喜んでいたりしちゃだめ。本当に、心の優しい、それでいてキュートな子を見つけなきゃね


女の子諸君、ほんとそうですよ。男の子の僕がいうんですもの、マチガイナイです。といってもほとんどの女の子に振り向いてしまう僕が言っても説得力ないですかね。でもでも、女の子特有のあのシャンプーなのか、体から発するものなのか、あの甘い香りがしてると振り返らない男の方がおかしいと思います。あの男の子を振り向かせたかったら、髪の毛を少し手でかきあげて、香りを周囲にふりまいたらイチコロですよ。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 03:36 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 谷村志穂
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/89848899
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。