本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年03月23日

未来(あした)のおもいで-梶尾真治

「未来(あした)のおもいで」 梶尾真治

未来(あした)のおもいでこんにちは。昨日の宣言通り、いろんな種類のビールを飲めるお店に行って参りました。アンバーエールやIPA、スタウトとIPAのハーフ&ハーフなど、世の中にこんなにいろんな種類のビールがあるのかと、少し驚きました。今まで知らなかったような日本の醸造所で作られたようなビールもいっぱいあって勉強になりましたよ。ビールだけをいっぱい飲んで酔っぱらったのが初めてということもあり、焼酎で酔っぱらったときや日本酒で酔っぱらったときとは酔ったときの感覚が微妙に違ったので楽しい気分になればいいのか、内に入り込んでいけばいいのか、わからないところがありましたけどね。これもいつか慣れていくのでしょう。こうやってどんどん違う自分ができていくのでしょうね。保守的なkbbとしては少し悲しいところもありますけどね。

というわけで、梶尾真治の作品です。作品名がすてきなパラドックスになっていますよね。タイムマシンものという感じの作品ですが、タイムマシンやワームホール、ブラックホールなんて小難しい仕掛けは出てきません。未来の彼女に恋をしたらどうなるか。未来の彼女のために現在を変えたらどうなるか、そんなお話です。

こういう話はかけない部分が多いので難しいのですが、最後のところで、ほほぅとうなってしまうようなストーリーになっていて、なるほどねって言っちゃうようなお話に仕上がっています。

27年後の世界が描かれているのですけど、電話はすべてテレビ電話になっているし、画像はすべて3Dでみられるようになっています。そして、煙草を吸う人もあいかわらず存在します。どんなに世の中のテクノロジーがすすんでも煙草を吸うには煙草の先にライターで火をつけて、口から煙をすいこむしかないようです。というか、煙草ってニコチンパッチのようにニコチンを摂取することを目的とはしてないんでしょうね。あの煙を吸い込む行為が煙草の全てですものね。煙がたたないと香りも楽しめないですし、煙でわっかをつくって遊ぶこともできないですものね。といっても、ちゃんと未来の世界にも嫌煙者は存在しているんですけどね。とまぁ、こんなところで煙草に出会えるなんて、と思って少し熱くなって一席ぶってみました。すみません。

昨日ビールの飲み方を教わったように、僕の中でもどんどん世界が変わっていくのでしょうね。27年後はビールしか飲んでいないかもしれないし、今は飲めないウィスキーやブランデーを飲み込んでいるかもしれないですね。煙草なんてやめているかもしれないですし、選ぶ本の種類も変わっているかもしれないですね。そうやって変わっていくことが怖くもあり、楽しみでもある気がしますが、どちらにしても寂しさは感じそうです。オトナになりたくないっていうことなのかもしれないですけどね。これはきっとピーターパン症候群ですね。そんなかわいい名前のものじゃないよなんてつっこみが聞こえてくる気がしますが、無視しておきましょう(笑)



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 14:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 梶尾真治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。