本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年04月23日

さくら-西加奈子

「さくら」 西加奈子

さくらこんばんは。以前MOWさんのところで紹介されていた(著者や主人公が、と言う意味ではなく)女の子の作品「さくら」です。

なんというか、この作品、大好きになりました。読む前は「さくら」というのが桜だと思っていたんですけど、それは主人公の薫の実家で飼われている犬の名前。犬好きにはたまらない作品です。犬好きだけでなく、母親好き、父親好き、お兄ちゃん好き、妹好き、どんな人にもたまらない作品になっています。

この作品を通して見えること。それは作者の何に対しても見える愛情。犬や家族だけでなく、まわりにいる知らない人、そこらに咲いている雑草全てを愛おしく思っているんだろうな、そんな風に思えます。

この作品には何かに対するネガティブな表現はない。それが最後でぶわーってきてどわーって心を揺さぶってくれます。

僕には兄貴がいます。ここではまだ書けないけど、そのどうしようもない兄貴には二度と会いたいとおもいません。でも、この作品を読んでいるときは、兄貴が欲しくなってしまった。無い物ねだりだったんでしょうか。

妹が欲しくなりました。こんなかわいい妹がいたら、誰からでも(その必要はないけれど)守ってあげたくなる。そんな妹が欲しい。ってなんだか父親みたいな気持ちになってしまいました。

こんな娘がいたら、毎日気が気ではないでしょうね。門限を厳しくしたり、ストーカーのように後をつけてしまうかもしれない。だから娘はいらない。男は勝手に生きていけばいい。そんな風に思ってしまうんですよね。

娘や息子の前にいろいろと考えなきゃいけないことがありそうですけどね(笑)

MOWさん、素敵な本のご紹介。ありがとう。
ありがとうとごめんなさいはタイミングを逃せば逃すほど言えなくなるって最近気付いたんです。だからこれからはありがとうを言い忘れないようにするぞ!




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 21:41 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(2) | 西加奈子
この記事へのコメント
気に入ってもらえたどころか「大好き」だなんて
作者でもないのに嬉しいなぁ。

兄もいろいろですよねー。
ウチは、つかずつかず離れてるけどドコカにいる感じです。

kbbさんの文章を読んで、西さんの作品をまた読んでみようかと思いました。
こちらこそありがとうっていう感じです。(⌒ー⌒)
Posted by MOW at 2008年04月24日 20:19
MOWさん。
こんばんは。

こんな素敵な本を紹介してくれてありがとうございます。読んでよかった、と思える作品に最近出会ってないですもの。

西さんの他の作品にも期待ですね。デビュー作がおもしろうそうなので、どっかでみかけたら買ってみようと思っています。またあの愛情のこもったまなざしが見られるとうれしいですよね。
Posted by kbb at 2008年04月24日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/94466741

「さくら」
Excerpt: この記事で小説カテゴリーが通算50記事になります。 節目の50記事目でご紹介するのは、「さくら」(著:西加奈子)です。 -----内容----- ヒーローだった兄ちゃんは、二十歳四ヶ月で死んだ。 超..
Weblog: 読書日和
Tracked: 2008-04-24 16:29

『さくら』西加奈子
Excerpt: ♪♪ 女の子だな。 この本は、女の子だ。 本を読んでいると時々こんな風に思うことがある。 著者や主人公とは関係なしに、 本そのものの性別を読み始めてスグ感じることがある。 大学生になって一人..
Weblog: M's BOOKcaSe
Tracked: 2008-04-24 19:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。