本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年04月30日

検死審問 インクエスト-パーシヴァル・ワイルド

「検死審問 インクエスト」 パーシヴァル・ワイルド

検死審問おはようございます。なんだか気分を変えたくて、そしてタグを使ってみたくなって背景を変えてみました。そしたらタイトル画像のいれ方がわからなくなり、めんどくさい!ってあきらめてしまいました。崩れて表示される人、タイトル画像の威張ったアヒルが忘れられない人がいましたらコメント残していただければがんばって勉強します。


本が好き!経由でいただいた翻訳物「検死審問」です。気分転換に滅多に手に取らない翻訳物です。といっても、本が好き!では翻訳物がいっぱい紹介されているので、これからも読んでいくとは思うんですけどね。もともと1940年代に出版されていたいわゆる古典ってやつですね。本が好き!で紹介でもされなければ絶対読んでいないそんな作品です。って翻訳物は滅多なことがないかぎり手に取らないですもの。だって他にいっぱい読みたい本があるんだもん!

お話はある女性作家の誕生日に彼女の家で殺人事件が起こったところから始まります。日本にはない制度、検死審問。死体の死因を特定するための審問で、検死官が裁判長のようになり、陪審員もいます。証人を呼び、証言させて死因を特定していきます。検死官にも陪審員にも速記者にも日当が払われるそんな審問の審理録で全編ができあがっています。

そのコミカルな登場人物の描写や、大作家先生をこき下ろす語り口。そして最後に検死官の推理があり、って感じで楽しめました。乱歩やチャンドラーを魅了したって帯に書くぐらいだから少しは楽しませてもらわないとね。

最近の翻訳文ってなかなか読みやすくなっているんですね。昔のようなコミカルな世界のはずなのに小難しく堅い文章で書いてあるような翻訳ものって最近はなかなか見ないですね。それだけ日本人が世界にむかって歩きはじめたってことなのかもしれないですね。

でも、まぁ積極的に翻訳物を読むことはこれからも少ないだろうなぁ。だって他に読みたい本がいっぱいあるんだもん!




検死審問―インクエスト
Amazonで購入
書評/ミステリ・サスペンス



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 07:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 小説・エッセイ ラワ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/95160133

古典傑作ミステリーの新訳 パーシヴァル・ワイルド著 「検死審問 −インクエスト−」
Excerpt: 「検死審問 −インクエスト−」 パーシヴァル・ワイルド著 越前敏弥 訳 著者は乱歩をも魅了した、通には有名の作家らしいのですが、ま...
Weblog: 本読め 東雲(しののめ) 読書の日々
Tracked: 2008-06-18 22:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。