本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年05月18日

ジョッキー-松樹剛史

「ジョッキー」 松樹剛史

ジョッキーこんにちは。今テレビで「ウチくる」を見ていてびっくりしています。あの美人の江口ともみの旦那がつまみ枝豆!美女と野獣カップルってこういうのをいうんでしょうね。世の中にはなんでこの美女とこんな男が!?って思う人を見かけますけど、まぁ外からみただけではわからないことがたくさんあるとは思いますけどね。
それにしても江口ともみは愛敬のあるかわいいタイプなんですね。この子は昔からモテたんだろうなぁって思っちゃいました。もっと早くに出会えていたらよかった。って知り合いでもなんでもないんですけどね。

そんな外から見えない世界の競馬の世界がうまく描かれているのが今作の「ジョッキー」です。小説すばる新人賞を受賞している作品のようです。

騎手の八弥(はちや)が主人公です。なんだか犬に呼びかけているような名前ですが、これでも立派なフリーの中堅ジョッキー。といっても、不器用で自分の信条に逆らえない八弥は騎乗機会にぜんぜん恵まれずつかつかの生活をしています。それでもちゃんと恋はしているようで、厩務員や女子アナと相手には事欠かないようです。でも、八弥はうぶなところがあって、自分の恋心をどこかにおしやってしまったり、相手の気持ちに気付けなかったりと苦労しそうな男ですね。

読み終わってみると、どうしてこの著者はこんなに競馬の世界にくわしいのだろうかと不思議に思ってしまいました。厩舎での生活やレース中のジョッキーの心理、心境。馬主との関係。全てが見てきたかのように書かれています。まぁ小説なんて見た来たような嘘を書く物なんでしょうけど、ここまでディテールにこだわって書いてあるとどんどん引き込まれてしまいますよね。

でも、競馬に興味のない人には全然手に取られない作品なんだろうなぁ、って少し悲しくもありますけどね。知らない世界を知るのはとっても楽しいんですけどね。ということで、どっかに僕の知らない世界を教えてくれる江口ともみのような美人さんいませんかね。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 13:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ マ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/97131307
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。