本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年05月21日

袋小路の男-絲山秋子

「袋小路の男」 絲山秋子

袋小路の男こんばんは。今日も電車に乗ってかわいい女の子を見つけて、同じ駅で降りた彼女の後にくっついてエスカレーターを登り彼女のきれいな足を眺めていたkbbです。

そんなのと比べたらかわいそうですけど、どうしようもない男とどうしようもない女を描くのがうまい絲山秋子です。ところで、今までなんの疑問も持っていなかったんですけど、絲山(いとやま)秋子はちゃんと表示されているんですかね?糸の旧字で糸を二つ並べた漢字らしいですよ。

指一本触れないまま男を12年間思い続ける女。入院した彼のために週末毎に新幹線を使って大阪からやってくる彼女。

こういう女が男をだめにするんですね。というか、絲山秋子は男心というか、オレ心をよくわかってらっしゃいますね。

彼女の家に来て、最初にしたのは冷蔵庫を開けること。夜中に電話してきて、切るときに、「そろそろ寝なさい」という男。

絲山秋子ってもしかして僕の友達なんでしょうかね。

僕がやってきたことをよく知っていらっしゃる。ちゃんと、今は反省していますよ。たまに飲んだときに人恋しくなって夜中に女の子に電話してしまうこともありますけどね。

この長さが僕には一番合っているのかもしれないですね。80-100ページぐらいの長さだと安心して読み始められるし、読み終わってもちゃんと心の中に何かが残っている。そんな長さを書く絲山秋子が最近大好きになっています。でも、でも、川上弘美のこともちゃんと忘れていませんよ!




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 22:17 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絲山秋子
この記事へのコメント
こんにちは。
TBありがとうございました。
「絲山秋子ってもしかして僕の友達なんでしょうかね」
うーん、そうかもしれないですよ(爆)!!
Posted by sakura-kanade at 2009年01月27日 08:24
sakura-kanadeさん。
こんばんは。

お返事遅くなってすみませんでした;;

絲山秋子が周りにいてくれたらドライブ行って酒飲んで楽しんでしょうけどねぇ。
うまくいかないもので、周りにはお酒の弱い人ばっかりなんです(涙)。
Posted by kbb at 2009年01月30日 19:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/97493028
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。