本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年05月22日

陸の海賊-コナン・ドイル

「陸の海賊」 コナン・ドイル

陸の海賊こんばんは。僕はいつまでも逆上がりのできない小学生でした。未だにできません。逆上がりができなくたって、ちゃんと生活はできるけど、子供ができて、お父さん教えてよ、なんて言われた時のために世の中のお父さんは練習しちゃうんでしょうかね。そのためにもおなかのお肉を少し落とさないとだめですかねぇ。

本が好き!経由でいただいた、コナン・ドイル作品です。小学校の時、学校の図書室で借りてきた「シャーロック・ホームズの冒険」で挫折して以来のコナン・ドイルです。逆上がりは克服できないかもしれないけど、コナン・ドイルぐらいは読んだことがあると、息子に胸を張っていいたいですものね。

といっても、ホームズもでてこないし、あまり楽しめなかったのも事実です。てっきりコナン・ドイルは探偵小説ばっかり書いているものと思い読み始めたのも失敗でした。読み始めて、謎はなんだろう、とどきどきしながら読み始めて、謎がでてこないまんま、短編の一作目が終わって、初めてこれはミステリじゃないって気付いたわけです。

じゃあなにがテーマかというと、スポーツです。ボクシングやクリケットなど、当時のイギリスで盛んだったスポーツがテーマに取り上げられています。かといって、クリケットのルールもあまりよくわかっていないので、随分ひどい想像をしながら読んでいったんですけどね。

他にも海賊の船長の話なんかがあって、これが一番動きがあって楽しめたかもしれませんね。

というわけで、小学校の時以来の挑戦で克服してみたわけですけど、あまり実になっていないですね。これじゃあ、ドイルってどんなお話なの?って聞かれてもうまく答えられないですものね。そんな時は川上弘美や絲山秋子を紹介してお茶を濁しておこうかしら。でも、それを読んで、ひどい男でも生きていけるんだって思われても困っちゃいますかね。




陸の海賊
  • コナン・ドイル著、北原 尚彦編、西崎 憲編
  • 東京創元社
  • 924円
Amazonで購入
書評/歴史・時代(F)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 23:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ カ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。