本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2008年06月04日

Love Letter-アンソロジー

「Love Letter」 石田衣良 島村洋子 川端裕人 森福都 前川麻子 山崎マキコ 中上紀 井上荒野 桐生典子 三浦しをん いしいしんじ

LOVE LETTERこんばんは。

先ほど、テレビで神戸の小中学校は校内に土足ではいるために、靴箱がないっていうことを紹介していました。靴箱がなかったら、ラブレターやバレンタインデーのチョコが靴箱にはいっているという、貴重な体験ができないなんてかわいそうって思っちゃいました。

それに合わせて読んだわけでもないのに、タイミングのよさに自分でびっくりしてしまいます。ラブレターをテーマにしたアンソロジー「Love Letter」です。石田衣良や島村洋子、三浦しをん、井上荒野など有名どころも結構かいていますが、名前も聞かないような人の作品もあって楽しさ詰め込みって感じです。

やっぱり石田衣良が一番うまいなぁって思わせるのが彼の語り方が一人の人間に語りかける手紙に似ているからなのでしょうかね。

山崎マキコの彼氏からの暴力をテーマにした作品は救いようがなくて、あまり好きにはなれなかった。井上荒野の彼女から好きになった人をうばう話もまっすぐに生きられない女を描いているようで好きになれなかった。

その点、いしいしんじの作品は少し技巧的すぎるきらいはあるけれど、うまくまとまっていて好きだった。

手紙って誰に宛てて書くか、誰から書くかっていう点で作家のテーマ性がでやすいのかもしれないですね。そういった観点からみれば、石田衣良は普段と同じことを書いていればよかったから楽だったのかもしれないですね。

僕自身はラブレターもチョコも靴箱に入っていたことはないんですけど、あれを入れる女の子の方のドラマを考えると結構素敵なことですよね。そんな二人が二十年後に出会ったら、どんな物語が始まるのでしょうかね。靴箱には入っていなかったけれど、毎年チョコをくれた隣に住んでいた女の子をことを今でも、二月になると思い出してしまいます。あの子はいま幸せにやっているんだろうか。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 22:25 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンソロジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お名前・メールアドレス・ホームページアドレスを(入力があれば)クッキーに保存しますか?



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/99379163
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。