本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2006年01月02日

紐育のドライ・マティーニ-オキ・シロー

「紐育のドライ・マティーニ」 オキ・シロー

画像はないけどアマゾンに飛ぶよ。おはようございます。正月早々家族で酒を飲んで弟に殴りかかられて体の節々が痛いkbbです。家族で酒を飲みながら話しをすると必ず喧嘩になってしまうのにやるせなさを感じています。もっと日本的で平和的な正月を過ごしたい。

というわけで、酒つながりで今日の作品はオキ・シローの「紐育のドライ・マティーニ」です。このタイトル読めましたか?紐育=ニューヨークです。紐育って言葉がとっても似合うこの本もオキ・シロー節そのままの掌編集です。昔の人は当て字なんだろうけどうまい漢字を選んでいる気がします。桑港=サンフランシスコなんてのも雰囲気があっていいですよね。でも南米のニカラグアやエクアドルの漢字表記はどうかと思いますけどね。ニカラグア=尼加拉瓜 エクアドル=厄瓜多爾ですって。子育て主婦のやりなおし英語さん参照南米の国々に漢字表記をつけた人はこんなに世界が小さくなって南米の国々が身近になるなんて思わなくていいかげんにつけたんでしょうかね。

以前の記事にも書きましたけオキ・シローには高校時代にカクテルのことや酒場での振る舞い方を教わった気がします。そして読んで得た知識をうまく使いこなせずよく恥ずかしい思いをしたものです。

この作品集でもそうですけど、オキ・シローは口べたな男が思い出の酒をしずかにbarですすっている姿を描くのがうまいです。対照的に口の軽い男がカウンターで女性を口説いている姿なんてのはコミカルに描かれているのですけど、僕はまだまだそっちの方なのかしら。僕の場合は口が軽いわけではなくて、何を言っていいのかわからなくて余計なことを言ってしまうタイプですけれどね。背中で物を語れる男になりたい!最近は去年味を覚えた熱燗ばっかり飲んでいて、この二日で一升瓶二本ぐらい空けているのですけど、一升瓶と背中で物を語る男の組み合わせだと高倉健になってしまうので、たまにはカクテルを傾けながら女の子と話すのもいいかなって思っています。でもそれには行きつけの所を探すところからはじめないとね。よく行ってたところは大晦日で閉店してしまって、吉祥寺に毎日通っていたあの頃が懐かしいです。

いつもジンライムばっかり飲んでいて、しかもそのお店の佐藤さん(仮名)がつくったおいしいジンライムしかいや!なんてわがままいっぱい言っていました。佐藤さんは三鷹のお店に移ったのだけれどライムが違うのか同じ味をつくることはできないようで残念でなりません。この作品を読んでいたらギムレットってジンライムと材料も作り方も一緒だけど何が違うの?って不思議に思ったとたんに飲みたくなってきました。今年は吉祥寺あたりで新しくいきつけのお店を見つけてみようかなって思っています。どなたかいいお店知っていたら教えてくださいな。条件はそんなに高くなくて、いつもすいていて、カウンターの椅子はゆったりとしていて、おいしいライムのあるところです。結構わがままでしょ。そんな素敵なお店だったら誰にも紹介しないですよね。(笑)

posted by kbb at 07:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | オキ・シロー

2005年12月16日

寂しいマティーニ-オキ・シロー

「寂しいマティーニ」 オキ・シロー

寂しいマティーニ.jpg古本屋で見つけた懐かしい本。といっても、この本は読んだことはなく、オキ・シローの本を高校生の頃大好きで2冊ほど読んだのだがそれっきり本屋さんで見かけなかったので残念な思いをしていた。この本もそうだが、カクテルにまつわる話しがbarで展開されていく短編で、量も申し分なく、時には笑い時にはほろっとさせる。男女の恋物語が多いのはやっぱりカクテルとかお酒ってのは男女の仲に欠かせないものなのかなって思う。

オキ・シローの作品は高校生の時に初めて手にとったのだけれど、やっぱりお年頃というか、早く大人になりたくて、しかもとびっきりかっこいい大人になりたくてお酒の味なんてほとんどわからないのに作品中にでてくるカクテルにあこがれて早くこんなかっこいいお酒をスマートに(可愛い子と一緒に)飲みたいなんて夢見ながら読んでいたなぁ。バイト先の先輩に連れられて初めてbarと呼べる場所に足を踏み入れたときなんてこの本で得た知識を大事に抱え込んで周りからみたらみっともなかったんじゃないかって今となっては思う次第です。

大学に入った頃に飲むお酒もbarでは毎回ジンライムとなり、すっきりとした中にジンのなんとも言えない青臭さがあってすごい好きになったのだけれど、それだってオキ・シローの作品の影響だと思う。なじみの店もできて、そこには冗談でなく毎日通った。そこで恋もしたし、失恋もしたし、子供ができたと写真いりのはがきを送ってくれるような友人もできた。そこが今月いっぱいで閉店すると先週そこの元支配人から連絡が来てちょっぴり寂しさを感じている。閉店する前に一度顔でも見せにいくかなぁと思いつつも、もう知っている人もいないので行ったところで懐かしさではなく寂しさしか感じないだろうなと思って躊躇している。

ところで、なんでbarって書くとイメージは黒なのに、バーって書くとイメージがピンク色になるんだろ・・・。




posted by kbb at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | オキ・シロー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。