本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2009年04月29日

ようちゃんの夜-前川梓

「ようちゃんの夜」 前川梓

ようちゃんの夜おはようございます。

世の中はゴールデンウイークですね。みなさんはどれだけ大型連休をとれるのでしょうか。僕も来週はお休みをもらえるみたいです。ありがたいことです。
そんなゴールデンウイークの空気にやられちゃったのでしょうか。今日見た夢はひどいものでした。高速道路を疾走する僕。突然横転して高速道路脇のグラウンド二面はあろうかという空き地まで他の車を巻き込みながらごろごろと転がる僕の車。それをきっかけとして次々と玉突き事故を起こす高速道路上。僕は無傷でいつのまにかベッドの上で寝ているシーンに変わる。自分が起こしてしまった事故に震えながら。
パッと目を覚ましても細部や事故を起こしてしまったときの気持ちがリアルに感じられて、ここはどこで、あれから何時間経ったんだろう、なんて思っていました。時計をみたり、携帯電話を確認したりして、自分が今どこにいるのか何度も確認しようとしているのだけれどうまくいかない。
車を確認しに行こう、なんて思ったときにやっと気づきました。夢の中でみた車は僕が過去に乗っていたもので、今の車とは違うということに。この文章を書きながら未だに怖い気持ちでいっぱいです。安全運転で行きましょうね。

さて、「ようちゃんの夜」前川梓です。初見の作家さんでした。ダヴィンチ文学賞第一回大賞受賞作だそうです。
高校生の私とようちゃん。一年生の時から知っていたけど、二年生になってからようちゃんと私の関係は変わってしまった。他の子といるときには見せない顔を私の前でだけするようちゃん。
屋上から空に飛んでいこうとするようちゃん。毎月一回定期的に更新する遺書を書いていると打ちあけるようちゃん。そんな二人の交流が描かれています。

仲のよい二人が距離を近くとりすぎてしまって逆にぎくしゃくとした関係になってしまうことってありますよね。女の子同士をみていると、それでも会っていないときには全然関係のない二人となってうまくバランスをとっているなぁって感心させられます。僕だったらどうしてあんなに普段仲よくしているのにそこで関係ない、なんて思えるのだろうって考えちゃうんですけどね。

文章自体は悪くはないのだけれど、きれいに書こうとしすぎているのか所々ついていけなくなってしまった今回の作品。まるで夢の中を歩いているときのように、細部をつかもうとすると指の間からすり抜けていってしまった。

結局ようちゃんは何者で私は何者だったのだろうか。僕は私ではないってことなのかもしれないだけですけどね。

車に乗る方たち。くれぐれも安全運転をお願いしますね。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 09:42 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 小説・エッセイ マ行

2009年04月06日

夫婦茶碗-町田康

「夫婦茶碗」 町田康

夫婦茶碗こんばんは。
先日観た料理番組で、イチゴと鶏肉の焼き鳥が紹介されていました。串にさして、一緒に焼いて肉が焼き上がったらバルサミコをかけるそうです。イチゴは焼いても甘ったるくならず、甘酸っぱくさわやかな味を楽しめるとのこと。誰が最初にイチゴを焼き鳥にして食べようなんて思いついたのでしょうかね。

さて、町田康「夫婦茶碗」です。「くっすん大黒」以来の町田康です。相変わらずパンクというか、人を酔わせる文章です。

車酔いしたときみたいに、ちょっと降ろしてって気分になるのですけど、すぐにまた作品に戻りたくなるのですけど、それがやはり町田康の文才なのでしょうかね。

"夫婦茶碗"と"人間の屑"の二作が収録されています。

"夫婦茶碗"の方は何をしても長続きしない男が茶碗ウォッシャーなんて新しい商売を初めてみるのだけれど、宣伝方法もめちゃくちゃ、商売を甘くみて、結局一日でやめてしまう。それでもご飯を食べていかなければならない。質草に家中のものを集めてみると妻の持ち物にやけに金がかかっているものが多い。ポルノ映画を観てみるとなんと妻がでているじゃないか。そうやって金を稼いでいたのか、と最近外出が多く、けんかして家出をしてしまった妻を疑い始める。
そして妻から電話がかかってきたけど、彼女のいたところはなんと病院。

そんな勘違いと妄想が渦巻く作品です。イチゴと焼き鳥を最初に焼いてみようと思うのはこういう男なのかもしれないけれど、それをちゃんと商売に出来るかどうかは別の話なのでしょうね。

"人間の屑"の方もそれと似たり寄ったりのひどい男が主人公。劇をやったりロックバンドをやってつくった借金を払えずに逃げ回る男。田舎に引きこもっていると、訪ねてきた東京時代のファンだという女の子と懇ろになって彼女を頼って東京に舞い戻り孕ませてしまう。しかしそんなもの逃げるが勝ちって感じで逃げて、彼女の友達の所へ転がり込んで、二人で東京を離れる。
二人で商売を初めてみるけどうまくいかなくなるのが怖くなり、さらに悪い方向へ動いていく。

結局何をやってもうまくいかない男が描かれている。反省はするのだけれどそれが何にも生かされていない。駄目な男が楽をするために逃げて、ますますダメになっていく物語になっている。「堕ちろ」で有名な「堕落論」だけれど、「堕落論」は堕ちていくことで成長を促していた。でもこの作品は堕ちていくだけでどこへも行かない。これが本当の人間の姿なのかもしれないけれど。

どちらもダメ人間が描かれていたけれど、リストラされて、就活がうまくいかなくて、家でごろごろしている最近の僕には耳が痛いというか、ここまで転げ落ちてしまいそうで怖い作品でした。ここで動けばこの作品の男のようにはならないのだろうけどね。そこがダメ人間とそうじゃない人間の分かれ道なのでしょうね。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 17:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ マ行

2009年04月01日

ミッキーマウスの憂鬱-松岡圭祐

「ミッキーマウスの憂鬱」 松岡圭祐

ミッキーマウスの憂鬱こんにちは。MOWさんのところでこんな動画が紹介されていました。






音が出るので注意です。むしろ笑い声を抑えてください。


犬の中に人が入っているんじゃないかって思わせるような動画ですね。思わず大爆笑してしまうのは僕だけではないでしょうね。うちの犬も夢を見ているのか寝ているときに足をバタバタさせることはありますけど、ここまでひどくはないですよ。

さて、松岡圭祐「ミッキーマウスの憂鬱」です。ミッキーの中の人が大活躍するお話です。
ってミッキーの中に人がいるって事は超トップシークレットだった。ここで発表しちゃってよかったんでしょうかね。
松岡圭祐って「催眠」とかもっと怖い物語を書く人だと思っていたのですけど、こんな楽しい物語も書けるんですね。びっくりしちゃいました。

東京ディズニーランドに憧れていた後藤。とうとうディズニーランドで働くことになった。配属先はビソーブ。横文字のかっこいい職場だ。後藤君の三日間のディズニーランドでのアルバイトを通して繰り広げられるディズニーランドの舞台裏での物語。準社員と社員の確執。ミッキーマウスの中の人も大活躍です。もちろんこの物語はフィクションです。

どこの世界でも夢をもって憧れすぎていると、その裏切りに強く失望してしまいますよね。期待はしすぎない方がいい、って最近学んだ教訓なんですけど、どうしても期待してしまうのは僕がまだまだ3ちゃいのお子さまだからでしょうか。

でもこの物語を読むと、ディズニーランド嫌いの僕でもなんだかディズニーランドに行きたくなるのはディズニーランドの陰謀なのかもしれないですね。

とうとう4月になりましたね。まぁ今日はエイプリルフールなのでディズニーランドに行きたいなんて口走ってしまいました。新年度、夢や憧れに向かって走っていく人たちが多い時期ですね。みんながんばれ。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 13:04 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 小説・エッセイ マ行

2008年11月13日

仙人の壺-南伸坊

「仙人の壺」 南伸坊

仙人の壺こんばんは。

今日驚きのニュースが舞い降りてきました。
僕は実家に住んでいるわけですが、実家の固定電話が解約されていました。しかも9月に。もう二ヶ月も経つのに、それを知らされていなかった僕ってどうなんでしょうかね。勤務先にも前の番号を知らせていたのに。。。笑ってやり過ごせればいいのでしょうけどね。

さて、そんなこと気にせずにすむ仙人のお話がいっぱいでてくる作品、「仙人の壺」です。南伸坊が中国の昔話を漫画仕立てにしている作品です。

16本の作品が収録されているのですけど、南伸坊のほのぼのとした感じのイラストでこわいお話なんかも描かれていて、ドキドキしてしまいます。

帝に用いられたいと希望して、帝の元で働くことになった仙人が術をみせてみよと言われて白い石の山羊になりそのまま逃げてしまうお話や、帝に術を教えることになった仙人が中途半端なものしか教授せずそれを諫められると、柱になって逃げてしまうお話などなど、仙人も大変なんだなぁって思わせるお話が多数収録されています。

他にも、「蛇足」の成立なんかも説明されていて、フムフムと思わずうなってしまうようなお話も多くて満足できる作品になっています。漫画のあとに南伸坊自身によるそのお話についての解説がついているのがいいですね。

仙人のようになれない僕ですから、霞を食べながら俗世のことなんて気にしないなんて心持ちでいることができないのですけど、あんまりいろんなことに気を取られているとストレスしかたまらないですよね。仙人のようにならないと人間は不満なく生きていくことはできないのでしょうかね。それとも少しぐらいはそういった不満を抱かなければつまらない人生になってしまうのかもしれないですね。




にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 22:01 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ マ行

2008年11月03日

まほろ駅前多田便利軒-三浦しをん

「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん

まほろ駅前多田便利軒こんばんは。

大学時代の友人が町田に引っ越したのですけど、町田って街はなんだかとっても中途半端なところですよね。都心からは車でも電車でも行きにくいし、かといってわざわざ都心に出てこなくても、駅前にいくつもデパートやらなんやらがあって便利だし。ちょっと駅を離れると山があって、坂道が多いし。せまい平地の所に人がひしめきあっているイメージの街なんですよね、ぼくにとっては。

そんな街なんじゃないかしらと思うところが舞台の「まほろ駅前多田便利軒」です。そういえば初三浦しをんなんです。気にしていたので、いつのまにか読んでいる気になっていた作家さんでした。この作品は直木賞を受賞した作品のようで、本屋さんに一時期いっぱい平積みされていましたね。まぁいつものごとく、平積みされているうちは買わない天の邪鬼の僕なんですけどね。

お話といえば、まほろ駅前で便利屋、その名も多田便利軒を営む多田が主人公です。ある日仕事の帰りにバス停で高校の同級生、行天(ぎょうてん)を見つける。行くところがないという彼を事務所兼住居につれてきたのが運の尽き。いつのまにか居着く行天にでていけとも言わず、行天は仕事の手伝いをするようになる。

旅行中、チワワを預かってくれと言われそのまま夜逃げされたり、一日中市バスを見張って間引き運転がされていないか監視しろという仕事を引き受けてみたり、入院している母親のお見舞いに行ってくれと息子に依頼されてみたり。

そんな隙間産業に身をおくようになった多田の過去は?街をでたはずの行天が戻って、行くところもない理由は?

人のいい人たちがそれでも一生懸命に生きているのがまほろ駅前多田便利軒の人たちなんでしょうね。

せまい平地に人がひしめきあっているからこそ、人と人の関係がぎすぎすしてくる。そういうところだからこそ多田便利軒の仕事がいっぱいあるのでしょうね。

便利屋さんに仕事を頼むようにはなりたくないな、と自分では思うのですけど、どうしても自分でできない、したくないこともあるのでしょうね。そんなときでも歯を食いしばって自分で乗り越えていきたい。そう思うな。僕は。




にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 01:39 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ マ行

2008年11月01日

仕事、三谷幸喜の-三谷幸喜

「仕事、三谷幸喜の」 三谷幸喜

仕事、三谷幸喜のこんにちは。

最近、会社の人と飲む機会が増えてきました。というわけで、せっかくの節酒の覚悟がうすれてきています。っていうか、二日酔いの日が増えているのは、体力の衰えが理由なのでしょうかね。

さて、三谷幸喜のエッセイです。この本を読んで一番びっくりしたのが、三谷幸喜の出身地、出身中学がうちのすぐ近くだったってこと。親父の後輩であり、弟の先輩にあたるんですね。あの中学ももっとこのことを宣伝すればいいのに、なんて思っちゃいました。自分の地域や出身校に誇りがもてるような、そんな宣伝になると思うのですけど、どうなのでしょうかね。それともあまりいい思い出がないから三谷幸喜自身が発表を禁止していたりするかもしれませんね。あんまりいい街ではないですからね、この辺りは。

幼少の頃からの三谷幸喜の作品がすべて載っているという彼の仕事歴がよくわかる本になっています。中学時代にはすでに脚本、演出をしていた彼は小さい時はとっても目立ちたがり屋のようですね。なのに、テレビに宣伝のためにでている時の彼はとっても恥ずかしがり屋のように見えるのですけど、彼になにがあったのでしょうかね。まぁ出たがりっていうのはあんまり変わっていないようですけどね。

年末に三谷幸喜作、演出の舞台があるようなんですけど、発売の次の日に見てみると、もうチケットが売り切れていてびっくりしてしまいました。そりゃあ人気作家ですからしょうがないんですけどね。舞台好きの友人に発売前に聞いたら、最近の舞台で売り切れはそうそうありえないって言われていたからすこし油断していたんですけどね。残念だったなぁ。オークションとかででているのかもしれないですけどね。

僕も彼のように本にして人に誇れるような仕事がいつかできるようになるといいのですけどね。最近こんなことばっかりいっている気がしていますけど、40にして惑わずっていうぐらいなので、40歳までは惑い続けることになりそうですね。昔の人の言うことは間違っていないですね。




にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 10:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ マ行

2008年10月21日

いちど尾行をしてみたかった-桝田武宗

「いちど尾行をしてみたかった」 桝田武宗

いちど尾行をしてみたかったこんばんは。ずいぶん更新があいてしまいました。週末からおなかを壊して、土曜日までは元気いっぱい飲みまくっていたんですけど、それから固形物を一切口にすることができませんでした。今はもう大丈夫なんですけどね。おかげでお酒がまったく体に入らない日が三日も続いています。奇跡かもしれないですね。これで体重も一気に減っていてくれればよかったんですけど、それはあまり変化がなくて少し残念な気がします。でもこのままお酒を飲まない日を続ければ少しはやせていけるのかもしれないですね。

さて、車の免許を取ったばかりの頃。まだまだガソリンが安かったあの時代。ただただ車を走らせたいだけの頃がありました。でもいこうと思っていたところなんてあっというまに尽きてしまう。そんな時は夜中にお客さんを乗せているタクシーの後をつけてただただ走り続けた記憶があります。住宅街の中に入っちゃって、お客さんをおろしているタクシーの後ろで待っているわけにもいかず、そのまま抜かして道に迷っちゃったことも多々ありましたけどね。

さて、そんな風に人をつけた経験のある人は残念ながらなかなかいないでしょうね。結構楽しいものなんですけどね。そんな人の欲望を代理で満たしてくれるような企画が本書「いちど尾行をしてみたかった」です。

街でみかけた普通の人々の後をつけてしまおう、というただただ筆者の独断と偏見と興味だけでターゲットは選ばれていきます。

新宿伊勢丹でみかけた普通のおばさんは服も買わずに何をしているのか?
靖国通りで長いディープキスをする高校生カップルはどこへ向かうのか?
都市銀行を利用する女子小学生は何を買いにいくのか?
テレクラに向かうサラリーマンの収穫は?
超美人金髪女性は東京の夜で何をするのか?

少しだけ抜粋してみましたけど、他にもまだまだおもしろいターゲットがいっぱいいますよ。果たしてこの人たちは何を考え何を得るのか。そういった都市の影がみえてくる好著だといってもいいかもしれないですね。

タクシーをつけていた僕も誰かにつけられていたかもしれないですね。あいつは夜な夜な何をしに車を走らせているのか?なんて尾行者に考えさせていたりしてね。なーんにも考えていなかったんですけどね。まぁ今も何にも考えていないことは同じなので、成長していないってことなのかもしれないですけどね。まぁ最近は目的地があったとしてもめんどくさくてあまり車を走らせたいと思いませんけどね。成長というより老化っていうことなんでしょうか。最近体をこわすことが多いのも三十路を前にした体の悲鳴なのかもしれないですね。節制しないとまずいかもしれないですね。




にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ他の方の書評を読む。

posted by kbb at 22:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ マ行

2008年08月17日

太陽の塔-森見登美彦

「太陽の塔」 森見登美彦

太陽の塔あぁ、もうこんな時間なんですね。時が経つのはずいぶん早いですねぇ。これも年をとった証拠なんでしょうかね。

生後一日の赤ん坊にとってその一日が人生の全てである。生後二日になるとその一日は人生の二分の一になる。成長していくと、その密度がどんどん薄れていく。だから時間が経つのが早く感じるなんて言葉をどっかで聞いた気がするんですけど、毎日毎日をなんにもせず、記憶に残るようなことをせずに生きていてもやっぱり毎日の密度は薄くなっていくんでしょうかね。

さて、森見登美彦の「太陽の塔」です。最近「夜は短し、歩けよ乙女」が売れているようで、本屋さんでよくみかけますね。タイトルに惹かれて一度読んでみようなんて思っていたときに友人がおもしろかったから読んでみろとこっちを勧めてくれました。

なんていうか、とっても躁的な文章なんですね。一気に思い切って書き上げたってことが感じ取れるような文章でした。荒削りとでもいうのでしょうかね。デビュー作だっていうから、その後の作品は編集さんがうまく舵をとって抑えた文章になっているかもしれませんね。だとしたら彼の作品は買いかもしれません。だってそんな躁的な文章は元気じゃない僕には少し辛かったにしても最後まで読み通すことができたんですもの。しかも楽しみながらね。

以前アメリカを旅行したときにアトランタで泊まったユースホステルで二段ベッドの上に寝ていたアメリカ人から誘われたことがあります。誘われたと言えばもちろん、あれですよ。こっちへおいでよ。なんていうからそこになにがあるの?って鈍感な僕は聞いていました。すると彼はこう答えました。

「ファンタジーさ」

その瞬間、背筋を走る悪寒とともに彼の意図にやっと気づいた僕は、タバコを吸ってくると部屋を飛び出して、彼が寝るまでの時間を外で過ごしていました。今となっては笑い話ですけど、当時の僕はきっと必死な顔をして部屋を飛び出していったことでしょうね。

この小説は「ファンタジーノベル大賞」をとっているようですが、決してそっちの世界のファンタジーでもなく、日常に潜む、頭の中に潜むファンタジーが描かれていて、自転車に乗りながら、街を歩きながら、酒を、コーヒーを飲みながらこんなこと考えているなぁ、俺もなんて思いつつ読み進めていくことになりました。この紹介じゃぁファンタジーというより妄想って聞こえちゃうかもしれないですね(笑)。でも、妄想小説って名付けてもいいぐらい、頭の中のとりとめもない言葉が次々と出てくるんですもの。頭の中もさっぱりして、日曜の昼下がりに時間を持てあましてビールを飲みながら読むことをおすすめしますよ。決して地獄の満員電車の中で化粧臭いOLをにらみながら、にんにく臭い口臭をまきちらす目の前のサラリーマンをにらみながら読まないことをおすすめします。




にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 23:21 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | 小説・エッセイ マ行

2008年08月03日

鍋の中-村田喜代子

「鍋の中」 村田喜代子

鍋の中こんにちは。
もう八月になってしまいましたね。毎年同じことを言っているような気もしますけど、時の経つのが早いものでもう今年も残すところあと4ヶ月ですね。2/3がもう終わってしまったということですね。みなさん充実した時間を過ごしていますか。僕の場合は読書だけは充実した時間を過ごせているんですけどねぇ。

さて、あれからもうどれぐらい時が経ったのか忘れてしまいましたけど、中学か、高校の時に国語の授業で読まされた「鍋の中」村田喜代子です。1987年の芥川賞受賞作です。「無名時代の私」で久しぶりに村田喜代子の名前をみかけて随分懐かしくなってしまって、まだ本棚の中にしかっりと残っていた本を手に取りました。四つの短篇が収録されています。

読み始めてもちっとも、読んだ記憶がよみがえってこなくて、実は読んでいないんじゃないかと思って読み終わった"鍋の中"。これまたまったく記憶がない"水中の声"。実験作のような読みにくい文章で途中で投げ出したくなってしまった"熱愛"。なぜか書き込みがあってもしかして、これが国語の授業の課題だったのではないかと思うも、結局内容がまったく記憶に残っていないことがわかった"盟友"です。

芥川賞をとっているはずの"鍋の中"はいまいちでしたが、子供を事故で亡くしてしまった親による地域パトロールの様子を描いた"水中の声"は改めて読むと、ぐっとぐるものがあり学生のころよりかは少しは人の気持ちが想像できるようになったのかしらと思いました。また、スカートめくりをして懲罰を受けることになった塚原とタバコがみつかって懲罰を受けることになった僕のトイレ掃除の様子を描いた"熱愛"は高校のころのなんでもないことに熱くなれたころを思い出して懐かしくなってしまいました。

村田喜代子は何気ない日常を描くのがうまい作家なんでしょうね。自身は主婦をしながらまだまだ高価だったワープロをどこからか安く手に入れて個人誌を発行していたっていうことが「無名時代の私」に書かれていましたが、書くことが大好きなんだろうなぁって気づかせてくれるような文章です。

村田喜代子は今でも文芸雑誌に作品を発表しているようなので、新しい作品も読んでみようかと思っています。

記憶の中からはすっかりと抜け落ちているこの作品ですが、本棚にはしっかりとこの文庫本は残っていました。これが本というものもすばらしさなのかもしれませんね。いつでも手にとって、思い返すことができる。新たな気付きを手に入れることもできる。時が経つのは早いものだし、記憶から物事がすり抜けていくのも早いですけど、いつまでもこうやって新たな何かを手に入れていきたいものです。

ちなみにこの作品集は絶版になってしまっています。下記の作品に"鍋の中"が収録されています。他の作品が収録されている本は見つからないので、図書館でしか手に入らないかもしれないですね。


八つの小鍋

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 15:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ マ行

2008年07月08日

シンボーの常識-南伸坊

「シンボーの常識」 南伸坊

シンボーの常識こんばんは。

世の中いろんな常識にがちがちに固められているようですね。例えばスカートをはくときは中に黒いスパッツをはくとかね。ってこれはただの僕の願望でしたね。ごめんなさい。

そんなわけで、もう二十年以上前に書かれた「シンボーの常識」です。二十年前に書かれたのに全然色あせていない。これはきっと常識を疑ったところに理由があるのかもしれないですね。ニーチェもカントも100年以上も経っていますけど、いまだによく読まれているのはやっぱり常識を疑ったからなんでしょうかね。って、ニーチェやカントと比べられたら南伸坊もいやがるかもしれないですけどね

このブログでも学者との共著だった「解剖学個人授業」「生物学個人授業」などで取り上げていますけど、今回も十分楽しませていただきました。

二十年前の時事問題に対しての伸坊さんの考えが語られているんですけど、今でも十分楽しんで読めるのが不思議ですね。しかも、僕のしらないような事件なんかもあるのに、それを説明する文章がわかりやすくて、目の前で新聞を読んでいるような気にもなっていました。今の社会がぜんぜん成長していなくて、ずっと同じことをしているっていうのが理由かもしれないですけどね。

南伸坊は高校入学試験にまず失敗して、大学入試にも失敗して、その後入試なんてない美学校に入学しています。この本を読むと人間にとって知識がたいして役に立たないものだってことがよくわかりますね。知識よりもなによりも必要なのは考える力なんでしょうね。自分で考えることもできないのに、どんなに知識をためたとしてもしょうがないですものね。僕が思うのは人間の記憶力なんてたかがしれているし、限度がある。これだけコンピュータという外部記憶装置が発達しているのだから、記憶はそいつらに任せて情報の検索の仕方を学んだ方が有意義だと思います。もちろんどこになにが書いてあるかを知るためにはある程度の知識に接していなければならないのですけど、そんなもん全部忘れてもいいと思います。

こんなこと書いちゃうと、学校の先生なんかには怒られちゃいそうですね。でも、大学のテストであるように、小学校でも高校でも試験のときは教科書や辞書の持ち込みを可とすればいいと思うんですよね。もちろんどの教科書や参考書を持ってくるかなんてアナウンスせずにね。そうすればみんなが同じものを参考にするわけじゃないから点差はつくから(やりたければ)評価もできるだろうし、生徒も自分でどれを持っていけばよいかって調べる能力がつくと思うんですよね。

まぁ上のことも結局自分の記憶力のなさのいいわけにしかならないんですけどね。自分が書いたことですら自分でブログを検索しないとわからないんですからね。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 21:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ マ行

2008年07月07日

バスジャック-三崎亜記

「バスジャック」 三崎亜記

バスジャックこんばんは。

車で走りながら、遠くの方にぼーっと見えるものがあって、なんだろうあれは、なんて眼をこらしながら近づいていくとだんだと見えてきてすっきりしたってことありませんか?それが例え歯医者の看板でもなんでもいいです。とにかく、見えたってことですっきりできますよね。

さて、そんな風に三崎亜記に少しでも近づけるように二冊目の本を手に取ってみました。「バスジャック」です。帯に驚愕のベストセラー「となり町戦争」の新鋭作家最新作って書いてあるのですけど、僕にとっては今回の作品の方が驚愕でした。

それはなぜかって?だって、著者が男性だったってことを知ってしまったのですもの。いやぁショックだった。名前にすっかりと騙されていましたよ。別に男が書くものだからいいとか悪いとかっていうつもりはまったくないんですけど、女性が描いているってことを前提にして読んでいたから、さらにショックでした。角のない丸みを帯びている表現や言葉に出会うたびに安心していたのに。・・・(;´Д`)ウウッ… 。時間を返せ!(´Д⊂グスン

それをどこで知ったかって言うと集英社の運営するバスジャックの公式サイト。http://www.shueisha.co.jp/busjack/

ここの三崎亜記スペシャルメッセージというところをクリックすると著者の写真がアップででてきます。最初誰だろうと思っていたらすぐしたにお名前が書いてあって。あぁぁぁぁってなりました。

まぁここまで大げさにいうほど、悲しくはなっていないんですけどね。だって楽しめたのは事実ですもの。

七つの短篇が収まっていて、"バスジャック"はそのうちの一つです。ごくごく近い未来の日本でバスジャックがゲームのように行われるようになる。ゲームといっても、実際に運行していて客の乗っているバスを乗っ取ることには変わりはない。ちゃんと法律でやり方が規制されて、それに反するとあとで懲罰が加えられるそうだ。ある日のバスジャック犯人と乗客のやりとりがうまく描かれていて、思わず笑っちゃうような、でもどこかで見覚えのあるような、そんなやりとりが続いていきます。そしてラストが・・・。

こういったお話が七つ描かれていて、なんか納得してしまいました。三崎亜記が描きたかったことはこういうことだったのね、と。「となり町戦争」だけを読んでもわからなかった彼が描きたかったこと。筒井康隆や清水義範に近い、そんな世界なんでしょうね。

上に載せた公式サイトですが、単行本発売当時は読者が人気投票をできたようです。その結果についても作者の三崎亜記が言葉を寄せているのですけど、自分の予想とは全然違ったものになったそうです。でも僕の予想は読者の人気投票と違って、作者のものと同じものになってしまいました。というわけでうれしくなって、この作家さんを応援することにしましたよ。他の三崎亜記作品も要注目ですね。今回の直木賞にノミネートされているようで、がんばってほしいです。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 08:09 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(2) | 小説・エッセイ マ行

2008年05月18日

ジョッキー-松樹剛史

「ジョッキー」 松樹剛史

ジョッキーこんにちは。今テレビで「ウチくる」を見ていてびっくりしています。あの美人の江口ともみの旦那がつまみ枝豆!美女と野獣カップルってこういうのをいうんでしょうね。世の中にはなんでこの美女とこんな男が!?って思う人を見かけますけど、まぁ外からみただけではわからないことがたくさんあるとは思いますけどね。
それにしても江口ともみは愛敬のあるかわいいタイプなんですね。この子は昔からモテたんだろうなぁって思っちゃいました。もっと早くに出会えていたらよかった。って知り合いでもなんでもないんですけどね。

そんな外から見えない世界の競馬の世界がうまく描かれているのが今作の「ジョッキー」です。小説すばる新人賞を受賞している作品のようです。

騎手の八弥(はちや)が主人公です。なんだか犬に呼びかけているような名前ですが、これでも立派なフリーの中堅ジョッキー。といっても、不器用で自分の信条に逆らえない八弥は騎乗機会にぜんぜん恵まれずつかつかの生活をしています。それでもちゃんと恋はしているようで、厩務員や女子アナと相手には事欠かないようです。でも、八弥はうぶなところがあって、自分の恋心をどこかにおしやってしまったり、相手の気持ちに気付けなかったりと苦労しそうな男ですね。

読み終わってみると、どうしてこの著者はこんなに競馬の世界にくわしいのだろうかと不思議に思ってしまいました。厩舎での生活やレース中のジョッキーの心理、心境。馬主との関係。全てが見てきたかのように書かれています。まぁ小説なんて見た来たような嘘を書く物なんでしょうけど、ここまでディテールにこだわって書いてあるとどんどん引き込まれてしまいますよね。

でも、競馬に興味のない人には全然手に取られない作品なんだろうなぁ、って少し悲しくもありますけどね。知らない世界を知るのはとっても楽しいんですけどね。ということで、どっかに僕の知らない世界を教えてくれる江口ともみのような美人さんいませんかね。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 他の方の書評を読む。

posted by kbb at 13:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ マ行

2006年09月09日

ストロベリーショート-素樹文生

「ストロベリーショート」 素樹文生

ストロベリーショートどうもこんにちは。復活第二弾は大好きな基樹文生の小説「ストロベリーショート」です。といっても、sonatineさんのところで紹介されていて読んでみようと思ったんですけどね。これも前回の「人のセックスを笑うな」と同じころに読んだので内容があいまいなところもあるけれど、「人の〜」よりかは断然こっちの方が内容が思い出せるのはなぜなのだろうか・・・。

帯に"いちご風味の星新一"ってあるんですけど、これじゃああまりにも素樹文生がかわいそう。星新一を期待した読者にも素樹文生を期待した読者にも失礼だし。まったくどうしてこういう帯を書く奴が多いのだろうか。まぁ星新一の名前が書いてあるぐらいだからショートショートってのは理解できるのだけれどね。

というわけでショートショートの作品集です。ロボットのうららちゃんや主婦の鳥脇つた子やまだまだ若いおじいちゃんのともぞうさんなんて素敵な登場人物がおもしろいおかしい場面をつくりだしてそれを素樹さんがしっかりとうまく切り取ってくれています。こういう作品集大好きだなぁ。

一番好きだったのは鳥脇つた子シリーズ。これ絶対締め切り前の素樹文生本人の気持ちを書きたかったんだろうななんて思ったりしてね。

素樹文生は「上海の西、デリーの東」以降全然作品を出さなくてどうしてるんだろうなって心配になっていたのだけれど、ここ最近様々な形態の(旅行記から長編小説、ショートショートまで)作品を発表していてとってもうれしいです。こういう作家さんが一人でも増えるとうれしいのだけれどね。

今日はここまで!(^-^)/~ またねっ

posted by kbb at 13:30 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(1) | 小説・エッセイ マ行

2006年03月06日

四月ばーか-松久淳+田中渉

「四月ばーか」 松久淳+田中渉

四月ばーか一九九七年四月一日、あなたは誰を好きでしたか?

こんな言葉が本を開くと最初に飛び出してくる。誰だったかなぁと酒に酔った頭で考える。うまく年齢の計算ができない。19の時だったか、18の時だったか。あの子とつきあっていたのはいくつの時だったかしら。確かつきあいはじめたのが7月21日だったから4月はまだつきあっていなかったかしら。それともそれは次の年のことで、1997年はまだ他の子に片思いしていたときかしら。あのころはまだ人を好きになるって感情がよくわかっていなくて、ただ恋い焦がれている状態だった気がするなぁ。その気持ちが相手に受け入れられないとわかるといらいらしてみたりしてね。かといって、その気持ちをうまく言い表すための言葉も行動も持っていなかったのにね。

なんてことを考えながら読んでいたから、ストーリー自体にはあまりうまく入り込めなかった。文章があたかもBGMのように流れていく中で延々こんなことを考えながら読む。

連作短編が3作収まっているけど、文字も大きいし行間も広い。だからとても短く感じてしまう。恋人に別れを告げられ、今でもことあるごとにその彼女を思い出してしまう守山。髪の毛を切っている間に相手の年齢がなんとなくわかってしまうという特技を持つ美容師今野。大学卒業とともにミラノへと旅立ち、香港で勢いで結婚をして勢いで離婚してしまい、10年ぶりに日本へと帰ってきた朋子。その3人がひょうなことから守山の家で一緒に暮らすことになった。そこから物語は進行していく。

でも別にとりたてて大きな出来事があるわけでもなく、物語はなんとなくはじまって、なんとなく終わっちゃう感じ。今野にはもう一つの特技があって、「こいつやれる」と思った女の子とは確実にそういう関係になるのがわかる。で、その能力を確かめられたらもうその子には気持ちなんてないので連絡もとらなくなる。最低の男だね、こりゃ。でも、彼が選ぶ女の子のタイプってのがあるらしく、誰でもいいわけじゃないらしい。それは顔のタイプであったり、体型であったり、性格的なものってわけではなくて、なんとなく雰囲気でわかるものなんだって。これはなんだかわかる気がするな。僕も今までつきあった子って外見的にはあんまり共通点が見つからない。ただ、なんかこの子みんな気がついていないけど、ホントはもっと可愛い子なのに、自分でもそれに自信を持てていないから輝ききってないなぁって子ばっかりだった気がする。そういう子が身近にいるとなんとなくその子のことばっかり気になっちゃって、恋と錯覚してしまうのだよね。

なんだか昔のことをいっぱい思い出してしまう本でしたね。っていつもなんにもないのに思い出しているのだからこんな本必要なかったじゃんって言われちゃうかしら。






posted by kbb at 11:27 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ マ行

2006年02月08日

オンリー・ミー -私だけを-三谷幸喜

「オンリー・ミー -私だけを」 三谷幸喜

オンリー・ミーこんにちは。

最近日本全国が三谷幸喜づいていますね。映画有頂天ホテルの大ヒットから、テレビで二夜連続で「みんなのいえ」「ラヂオの時間」放送と。この二つの映画も有頂天ホテルの公開にあわせて再発売するなどフジテレビも商魂たくましいですね。まぁそれはいいんですけどね。

「みんなのいえ」も「ラヂオの時間」もテレビでみましたけど、どちらもおもしろかったですね。彼の作品はすごく予定調和的で、だからこそ安心して笑っていられて最後は予想しているエンディングに向けてがんばれって応援すらしたくなりましたよ。とくに「ラヂオの時間」はきっと実際に三谷幸喜が体験した話しなんだろうと思ってみるととても興味深かったですね。「オンリー・ミー」を読んだ限りでは「ラヂオの時間」でモロ師岡が演じたどうしようもない放送作家が彼の立場のようですね。

まぁそんな感じで三谷幸喜が最近テレビで有頂天ホテルの宣伝のためによく出てるのをみて、なんでこの人はあんなにおもしろい映画をつくるのに、彼自身はつまらないのだろうと思っていました。しゃべるのも下手そうだし、なんだかおどおどしているしってね。そこで彼のエッセイを本屋さんでみつけたので読んでみました。雑誌「とらばーゆ」に連載していたものを一冊にまとめたのがこの本です。その他にも「とらばーゆ」連載分の他に彼の笑いやコメディに対する考え方なんてのも収録されていてお得感いっぱいですよ。

彼はすごい人を観察する人なんですね。深夜のファミレスで脚本を書きながらウエイトレスさんの動きをじっくりとみていたり。その彼女にちょっとしたいたずらをして彼女のおもしろさをひきだしたり。それらがすべて彼の映画に詰まっているのだと考えたらなるほどなんて思ってしまいましたよ。

この本10年以上前の連載を元にしているのですけど、彼はこの文章の中ですごいことを言っています。小泉純一郎が総理大臣になって総理のイメージを一新してほしい。彼にならできるって言ってるんですね。まだまだ小泉さんが総理になるなんて誰も考えていなかった頃ですね。彼がまだ郵政大臣をやっていたころです。さすが人をじっくりみている人は違いますね。実際に小泉さんは総理大臣の、いや政界のイメージすら変えてしまいましたものね。

こんなに頭のいい人なのだから、テレビにでている三谷幸喜は実はあれは全部演技で、僕は騙されているのかもってちょっと不安になってしまいましたよ。



posted by kbb at 15:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 小説・エッセイ マ行

2006年01月18日

天国の本屋 恋火-松久淳+田中渉

「天国の本屋 恋火」 松久淳 田中渉

天国の本屋 恋火.jpg 天国の本屋DVD.jpg



今日の作品は「天国の本屋 恋火」です。竹内結子主演で映画化(公式サイト)もされているのでご存じの方も多いのではないでしょうか。

気が弱くて相手の本当の気持ちを知るのが怖くて女の人に対していつも勇気がない僕のような男の健太と気が強くてワンピースがとってもよく似合いそうな僕好みの女の子の香夏子が主人公の物語。天国にある本屋さんと、現実世界で最後にあがる花火をカップルで見ると二人は幸せになるという、伝説の花火大会を再開しようとする香夏子のエピソードが交互に描かれている。

あらすじでもわかるようにファンタジー色の濃い物語です。それはそれでリアリティのなさが隠せるからいいのですけど、ちょっと強引なところもあって主人公二人のキャラクターにはしっかりと感情移入できそうなのに残念でした。文章もちょっと好きになれそうになかったです。

健太はピアニストなんですけど、彼が朗読に曲を即興でつけていくシーンがあるのですけど、これはうらやましかったですね。僕は4拍子と3拍子の違いがわからないほど音楽的才能がまったくないので、こういう風に曲をイメージでつくりあげていく作業のおもしろさは想像しかできませんけど、一度ぐらいはやってみたいですね。

この記事を書くのに映画の公式サイトのここをみて知ったのですけど、この本は元々あった二つの作品を映画用に合わせてできた本のようですね。だから結構つぎはぎだらけで接着部分が粗く感じてしまったのかもしれませんね。







posted by kbb at 04:47 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | 小説・エッセイ マ行

2006年01月16日

くっすん大黒-町田康

「くっすん大黒」 町田康

くっすん大黒.jpgふと夜中に目を覚まして時計をみると4時44分の4並びの時が多くて薄気味悪いkbbです。おはようございます。デジタル時計だとさらに薄気味悪さが増すのですけど、昨日の「博士の愛した数式のプロモーション動画」の記事の投稿時間を見てびっくりしてしまいました。

やっと皆様から紹介された「くっすん大黒」を読み終わりました。正直言ってよくわからなかったけれど、未だに彼の文章に酔っている気分です。富士急ハイランドのジェットコースターに乗っているような、すいている明けがたの大垂水峠を時速120kmで飛ばして東京に帰って来たときのようなそんな気分が読み終わったあとにしてました。

それにしても、川上弘美の文章を読んだ時に日本語って本当にきれいな言葉なんだなぁって思ったのですけど、これが同じ日本語かってぐらい町田康の文章はタイプが違いますね。川上弘美の文章は角がとれてまぁるい中が透き通っているガラス玉のような文章で、空に浮かぶシャボン玉がいつまでもいつまでもふわふわとしているのを追いかけているように読んでいるのですけど、町田康の文章はラグビーボールや四角いサッカーボールでサッカーをしているかのようにあっちへふらふらこっちへふらふら予測できない動きだし、不協和的な動きでみていて気分は良くないのですけど、そこがおもしろくていつまでも追いかけてしまう。そんな感じでした。それがいわゆるパンク落語的って言われているのでしょうかね。

彼の描く人々はうどん屋に猿を連れてきてしまう従業員やお客さんがきているのにまったく仕事をしない洋服屋みたいな非常識な人が多いんですね。一見常識的に見える主人公ですら非常識だし。たぶんそれが正しいんでしょうね。誰もが非常識だけれど、それに気付かないように調和して世界ができている。それをここまで肯定的に書いてくれるとすっきりとしますね。

なにはともあれ彼のボキャブラリーの豊富さにビックリしています。少しは勉強してもっともっと日本語を磨かなきゃなんて思わされました。

posted by kbb at 10:16 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(1) | 小説・エッセイ マ行

2005年12月31日

俺はその夜多くのことを学んだ-三谷幸喜

「俺はその夜多くのことを学んだ」 三谷幸喜

俺はその夜多くのことを学んだ.jpg三谷幸喜の短編に唐仁原教久のイラストがついた作品。このイラスト懐かしいなぁって思っていたらオキ・シローの作品がそういえばこの人のイラストだったなって思い出した。久しぶりに短編作品を読んでそういえば短編の方が好きだったんだったなんて惚けてきた。年なのかしらん。そういえば最近も友人に物忘れが激しくなったねって言われるし・・・。

ストーリーはある男が楽しいデートから帰ってきて、今日の甘い出来事を思い出してもう少しだけその甘い出来事を増やしたいと思ってデートした相手に電話をしてしまう。その時に学んだことが描かれている。一つ一つ紹介したいのだけれどそれだとこの本を読んだ時の驚きや喜びがなくなってしまうので一つだけ。

「掛けようかどうしようか迷った電話は、掛けてもろくなことがない」

確かにそうですね。ほんとに。何度同じ過ちを繰り返したことか。男性だったらわかるんじゃないかしら。でもこの作品は何を考えているのかわからないあの娘にこそ読んでほしいですね。男がデートから帰ったらどんな気持ちになるか、電話を掛けたくなるほど愛おしいその気持ちを女性は平気で踏みつけて踏みつぶしてゴジラが通ったあとの東京タワーのような惨状を心に残してくれますものね。

というわけで、今年も最後となりました。本のタイトルじゃないけれど、今年も多くのことを学ばせていただいたような気がします。辛かったこともあったけど、楽しかったことも多かったと思います。20年後に振り返ってみたときにただ通り過ぎただけの年ではなくなんらかの気持ちを思い出させてくれる年であればよかったと思います。今年は忘年会で思い出したくもない思い出を作ることもなく(忘れているだけだったりして・・・。)、かといって忘れられない思い出ができることもなかったけれど、最後まで楽しいお酒が飲めました。

夏休みの絵日記や朝顔の観察日記ですら8/31にまとめてやろうとして終わらずに結局提出しなかったような僕ですが、なんでかまじめにつけ続けているこのブログもだんだん見てくれる人が多くなってうれしい限りです。

今年も本当にありがとう。みなさまよいお年をお迎えください。ではではまた来年。

2005年11月23日

ランドリー-森淳一

「ランドリー」 森淳一


ランドリー.jpg古本屋に入っていつものように棚を眺める。探している本もなく時間もたくさんある。道ばたに咲くたんぽぽをみつけるようなそんな小さな幸せがみつかるかもしれない予感を抱きながらこの本には出会った。

最初の印象は表紙がきれいだなぁってものだった。文庫本のサイズなのだが、装丁が他のとはだいぶ違う。他の文庫と同じ棚に並んでいてもそれだけちがった本のように見えた。興味を持って手にとってみる。あけるまでは、絵本かな、ぐらいの気持ちしかもっていなかった。本を開いてみて文章が見えた。安心した。絵本だったらそっと棚に戻す気でいた。

こうやって出会ったこの本だったが、ほんとにその出会いは小さな幸せとなってくれた。読み始めるとほのぼのというかきれいというか純粋というその世界にうまく自分を連れて行ってくれて、この別の世界への飛び立ちが本を読む楽しみの大きな一つだと思い出した。

原田宗典の「優しくって少しばか」に自分の仕事をしっかりときちんとするんだけど少しばかなパン屋さんがでてくる。その少しばかなパン屋さんの若いころがこの「ランドリー」の主人公テルなんじゃないかと思いながら読み進めていった。もちろんそんな記述はまったくなくどこにも誰もそんなことは言及していない。想像というか、そうだったらいいなぁってぐらいの気持ちだったけどその思いは読み終わっていっそう強くなっている。

テルも自分の仕事に真剣でそれもきちんと、みていてきもちよくなるほどしっかりとこなそうとする。でも少し物覚えが悪くて、言葉も知らなくて、自分の過去ですらわからない。そんな主人公が水絵というちょっと不器用で自分の気持ちが時々わからなくなる女の子と出会うところから物語がはじまっていく。その二人とサリーという気は優しいのだが照れ屋さんの伝書鳩業を営む男と出会ってそれぞれに新たなスタートを切っていく。

この三人はわからないことをはっきりと「わからない」と言って素直になることができる。これはなかなか難しい。見栄やら世間体やら、はたまたええかっこしいか、色々あるけれど素直になるのは難しい。うらやましいなぁと思いつつ、しかしどっぷりとこの世界に入っていた。

読んで初めてわかったのだが、森淳一は映画監督さんでこの作品も彼の「Laundry ランドリー」(映画公式サイト)という作品の原作だった。テルが窪塚洋介、水絵が小雪、サリーは内藤剛志だそうだ。読み終わってからそれは知ったのだけれど、窪塚洋介のテルはなんだか現実を斜めからみていそうで、小雪の水絵は強すぎて僕のイメージした「ランドリー」とはちょっと違う気がした。でもサリーの内藤剛史だけははまり役かなと。


でも一度映画を見てみるのも悪くないなって思っています。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。