本のタイトルは過去記事またはアマゾンへ飛びます。出版社等の確認にどうぞ。

2006年05月20日

意外とありがちバトン

株も読書も恋人ものtsukikoさんからテレパシーが送られてきました。テレパシーの受信装置がうまく働かなくてこれだけ遅くなってしまったのですけど、夜中にくしゃみがとまらないことが何度もあり、ずっーとなんらかの視線を感じていたのはこれだったんでしょうね。きっと・・・。


【意外とありがちバトン】

1. とんがりコーンを指にはめたことがある

 → とんがりコーンを、というかあまりお菓子をたべないので、よくってわけじゃないですけど、とんがりコーンを食べるときはいつもやりますね。え?!みんなやるんでしょ?

2. バームクーヘンをはがす

 → はがして、牛乳にひたして食べます。やめられないんだなぁ。

3. 扇風機の前であーーーって言う

 → 昔、おばあちゃんの家に自分の顔よりも大きな扇風機がありました。夏になると縁側のすぐそばにこれがおいてあって、縁側で風に当たっているときに後ろから扇風機の風があたりました。邪魔な風だなぁと思いつつ、「どっかいけよ〜」って感じであーって声を出していました。扇風機に反論されてびっくりしてしまいました。今はそんな縁側も扇風機もないようなところに住んでいるので、こういうことはないですねぇ。

4. ポッキーのチョコの部分だけを舐めとる

 → たま〜にです。チョコだけなめとったのを牛乳にひたして、うまい!と独り言を言いながら食べます。それにしても、これをやってる女の子をみるのが好きなほうが男にとってはありがちなんじゃないでしょうか・・・。

5. 全校生徒の前でバンド演奏という妄想

 → これだけはないですね。なんていったって、だれにもまけないぐらいの音痴ですから。三拍子と四拍子の違いもわからないですもの。そんな風に恥をさらしたくないのですよ。
小学校のときのことです。自分のうじうじとした引っ込み思案の性格をなおしたくて、六年生の時に学芸会の役に立候補したことがあります。学年全部の前でその役のセリフをいい、先生たちが選考するという形式だったとおもいます。たしか劇はマクベスだったかと。王様役に立候補しました。前日までにすべてのセリフを覚えて、台本を見ながらでもよかったはずなのに、かっこいいところをみせたくて、全部暗誦できるぐらいにして。舞台の上に立ったとたんに頭の中が真っ白になってしまいました。思い出そう思い出そうとすればするほど、なんにもでてこなくて。舞台の下をみると、級友たちの「なにやってんだろ」といいたげな目が一斉にこちらを見ていました。先生の「台本を見ながらでもいいのよ」という言葉までは覚えているのですけど、そっから先の記憶が一切ありません。封印してしまったようです。

まぁそんな経験もあり、舞台の上に立つとか、大勢の前にたつなんてことは今後一切ないでしょうね。

6. 自分の写メを何度も撮って、自分が一番カッコ良く可愛〜く写る角度を研究する

 → 携帯で人物をとるってことがないかも。かわいい女の子の笑顔ならいくらでも取りたいんですけどね。

7. 歩いてるとき余計なこと考えて足がグキッてなる

 → これってありがちなことだったんですか!?自分の足がやけに柔らかいのだと思って、いっぱい牛乳を飲んでいたのに・・・。

8. カップ焼きそばを作ろうとしたが、お湯を入れる前にソースを入れた

 → これはないです。ちゃんと最初に説明書を読むタイプですから。

9. 自転車に乗ってる時ペダルを踏み外して空転したペダルがひざの裏にヒット

 → これは痛いんだよなぁ。わけもなく恥ずかしいし。なぜかその後立ち漕ぎで逃げるようにその場を去ります。

10. 部屋の電気のひもを使ってボクシング

 → やりましたよ〜。なかなか疲れるんだよなぁ。殴って帰ってきたひもを相手にディフェンスの練習をしてみたり。なんだか自分が機敏になった気がしてしまうトレーニングだったなぁ。

11. 鏡をみて、「自分はカッコぃぃ、カワィィ」とか思うけど、それは光や角度の問題で町の外で ふとガラスに映った自分を見て落ち込む

 → 一応自分のことは把握しているつもりなので、落ち込むことはないですね。もういいかげん鏡すらみないですもの。

12. 自分の声を録音して聞いて、死にたくなる

 → 自分の声は大嫌いです。やけに高いし、細いし。全然男らしくない。カラオケでマイクを通した自分の声も大嫌いですもの。

13. 深夜にやっている映画を勝手にエロだと勘違いして夜更かしして後悔する

 → はい。ありました。いっぱい・・・。なんだってあんな扇情的な邦題をつけるのでしょうか・・・。おかげでつまらない時間を過ごすために幾度夜更かししたことか。そういうことで研究したおかげか今ではもう騙されることはないですけどね。

14. 街中で考え事してて、他の人に聞かれてんじゃと思い聞いてんだろ?と、意味不明なテレパシーを送る

 → よく独り言を言ってるみたいで、まわりの人に変な風に見られることはあります。そんな時は逃げるに限ります。 

15. 向かってくる歩行者をかわし損ねて、フェイントのかけ合いみたいになる

 → あるある。しかも十メートルぐらい手前から・・・。なんだかトロイ人みたいですね。 

16. 全部でいくつ当てはまりましたか?

 → 四つ以上は全部いっぱいですよね?

17. バトンを渡したい人
 
 → どうぞご自由にお持ちください。やってもらいたい人は何人もいらっしゃいますけどねぇ。よろしくです。


意外とありがちだったんでしょうかね。なんだか普通の生活をしているようで安心しました。まわりによくおかしな人だなんて言われるので・・・。人と違うレールの上を歩むのはなかなかに大変なことですしねぇ。
posted by kbb at 16:39 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(3) | バトンやら100の質問やら

2006年02月06日

ひとでなしバトン

なんだか谷村志穂の本を読んでいたら、沼地に引きずり込まれて戻って来れなくなりそうになってしまったので気分転換にMOWさんからいただいたバトンでも。

「M's BOOKcaSe」のMOWさんから「ひとでなしバトン」を受け取りました。答えてみたよ。
ひとでなしぶりはブログを見てもらえればわかると思うけれど、一応ね。最低な男ぶりを発揮してみました。

続きはこちらどうぞ。
posted by kbb at 17:44 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(1) | バトンやら100の質問やら

2006年01月24日

マニアックバトン

シ的なこと♪のcoffee breakさんからマニアックバトンというものがまわってきたのでやってみます。遅くなってごめんなさい。

マニアックバトン。お題は「村山由佳」です。


続きはこちらから
posted by kbb at 09:12 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(2) | バトンやら100の質問やら

2006年01月11日

印象バトン

「株も読書も恋人も」のtsukikoさんから印象バトンなるものがまわってきました。
お祭り好きの僕としてはこういうのはうれしいです。ありがとうございます。
でも、100の質問もそうだったけれど普段考えていてもそれを言葉にしたことがあんまりなかったので考えちゃいました。頭を使ってない証拠ですね。

長いのでこちらに
posted by kbb at 10:04 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | バトンやら100の質問やら

2005年11月26日

本好きへの100の質問

本好きへの100の質問に答えてみました。

今までここまで考えたことはなかったのでいい経験でしたね。おもしろかったです。
長いと思うので興味のある方だけどうぞ。


長いよ?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。